名前は暗いが明るく楽しいクラガリ又谷遡行。

渓谷の名称
クラガリ又谷
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
大台ケ原の南部、逆峠付近の水を集めて西走するクラガリ又谷はその名が示す通り出合いに顕著なゴルジュ帯を持つ。アプローチが楽な上に手頃な内容とあって入渓者も多く人気の谷となっている。前半は陰鬱な廊下からの連瀑、後半は一転して明るい癒やしの空間が広がり陰と陽の対比も面白いところだ。また下山も一般登山道が利用出来るので入渓のし易さも魅力の一つではないだろうか。
コースタイム
【クラガリ又谷出合い】 7:30
【40M滝上】 9:00
【取水堰堤】 10:10
【30M滝上】 11:30
【Co1170m付近二股】 13:40
【Co1125m付近モノレール軌道】 14:30
【クラガリ又谷出合い】 15:40
ポイント
【★★★☆☆(沢2級+)】 この谷は入渓から取水堰堤までに集約された感がある。最初のゴルジュは左岸から小さく巻いてF4の上に降りる。40M滝は右岸ルンゼを登るが最後はモンキークライムだ。15M滝は直登可能だが左岸ルンゼから入って途中から折り返して右岸に渡るルートが無難。30M滝は右岸ルンゼを巻くが結構ズルズルの泥斜面だった。上流部は一転して穏やかな渓相となり遡行者を癒やしてくれる。
下 山
【★★☆☆☆(登山道+モノレール軌道)】 登り詰めた快適登山道を西へと進みCo1125m付近に出てくるモノレール軌道に乗り換えてCo988mを経由して林道に降りる。尾根は傾斜も緩く踏み跡もあるのでこれが最短で一番楽だ。
装 備
一般遡行装備必携、ロープ8mm×30m、カム、ハーケン、ハンマーも持参した。
お勧め度
★★★★☆
参加人数
3人
所要時間
約8時間
天候
曇りのち晴れ
遡行日時
2015/05/31
地形図
大台ヶ原山・河合
主な地質
砂岩・泥岩等
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:滑り易い 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:小処温泉(700円) 《その他》:今回蛭は見なかったが時期によっては要対策。


【後半の癒やし渓が見たくて】 

Hさんの沢始め企画、
「行った事なくてそれなりに楽しめる谷」でチョイスしたのが小橡川のクラガリ又谷だった。

この谷は以前入り口の廊下を遡行したが上部はまだ見た事がない、
情報やと穏やかな渓相が続いて心を癒やしてくれるそうだ。
癒やしと聞いてお気楽エンジョイ沢が大好きな私としては是非見ておきたい。

前夜Hさん号でラビ君を拾い小橡の某所で宴会開始、
『黒肉棒?』て言う意味深な飴ちゃんの話で盛り上がる。
天気予報はイマイチやったけど東屋もあるし安心して宴を楽しんだ。



とりあえず小宴で明日の作戦を練る

6時起床、いつも寝坊なラビ君が珍しく起きている。
早速黒肉棒の強壮効果が出たのか?(^^;。
ちゃっちゃと準備して7時半に出発。



出合いからイキナリのゴルジュ、今日は左岸ガレルンゼから入る

【クラガリ又出合い(7:30)】 

出合いから見えるイキナリのゴルジュは今回すっ飛ばす予定、
左岸のガレルンゼを少し登ってから廊下側に取り付いて、
最後はちょっと微妙なトラバースでF4(6M滝)の上に降り立った。



F5(6M滝)は右手を登るもバランスが悪い

前に見えるF5(6M滝)は右手を登るがバランスが悪く早々お助けを出す。
そしてどどーーんと40M滝のお出ましや。
狭いゴルジュから一気に空間が広がって感激もヒトシオやね。
ほんまええ滝やわ。



どどーーんと40M滝、右岸ルンゼを登る

40M滝は右岸のルンゼから登る。
最初は楽々やけど上部に行くほど傾斜が増して最後はロープを出してのモンキー登り。
帰って情報調べてたら途中で滝身の方に寄れば良かったんやね(^^;。

【40M滝上(9:00)】 

谷はすぐに15M滝を落とす。
Hさんが右手からツルツルスラブに取り付いた。
かなりやばそうだけど「落ちてもドボンだから」と脅威のスラブテクを繰り出して突破、
だがアドスラ登ってるHさんでコレやったら後続は絶対無理やろな・・・(^^;。
時間の制限もあるし私らは無難に右手ルンゼから入って上部を左手トラバースするラインで抜けた。



15M滝は右手からHさん脅威の直登劇場も

本来ならトップが抜けた以上後続も追従するのがセオリーなんやけど、
あまりにも悪そうだったので想定システムを崩してしまい申し訳ありませんでした。
結局ロープの受け渡しとかで時間がかかったし私のミスですね。
反省ですわ。



軟弱な私らは通常ルートで抜けた(右手ルンゼから上部で左にトラバース)

続いての10M滝は左手が微妙なスラブ壁になっている。
その微妙なスラブを登るがほんまに微妙(^^;。
ラビ君が固まってたのでここもお助けロープを出す。



微妙な左手スラブを登るも



ラビ君固まってお助けロープを出す羽目に・・・

【取水堰堤(10:10)】 

しばらく平凡な流れが続いた後美しい30M滝が登場。
ぱっと見左岸の樹林帯に入った方が楽に見えたけど、
下部のヌメスラブに取り付いたら戻るのが微妙で右岸ルンゼへと入る。
ここは見た目よりもズルズル斜面で滑りやすかったなぁ。



30M滝は右岸のズルズルルンゼから巻き登る

【30M滝上(11:30)】 

滝上はちょっとした廊下状、
と言っても難しい訳じゃなく楽しく遊べるところ。



この直登は無理で左岸のバンドから容易に越えた。

登りたい人、登りたくない人、
思い思いのラインで越えていく。



登るも巻くもお好み次第、でも中にはバランス悪い滝もあるけど・・・

巨岩の鎮座する溝状5M滝周辺もなかなか良い感じ。。
やがて両岸も広がって穏やかな雰囲気になってきた。



溝状5M滝は大岩を絡んで越える

左岸に南紀のようなスラブ滝を見てもうちょい進むと簾状の15M滝、 良く見ると全部湧水や。
苔と岩と水が織り成す美の空間やね。



めっちゃ美しい15M湧き滝

この先で谷は伏流となった。
つまりクラガリ又谷の水源はさっきの湧き滝が大半やった訳だ。
ああーっ、水汲んどきゃよかったな。

全くな平流になったけど植生が良く癒やし渓の王道って感じ、
でもそろそろ詰めの判断しどころやけどね。

もちろん最後まで行ってもええんやけど傾斜的にはどこ選んでも同じやし、
ちょっとカットでCo1170mから左岸斜面で登山道へと登り付いた。



源流は植生も良く癒やしの王道やね/font>

【Co1170m付近二俣(13:40)】 

登り詰めた登山道を西へと向う。
大台ケ原に通じる主要道だけに整備も万全だ。

このまま高速道路を小処温泉まで下っても良かったけど、
やっぱり最短コースって事でCo1125m付近に出てくるモノレール軌道を利用する。

【Co1125m付近モノレール軌道(14:30)⇒クラガリ又出合い(15:40)】 

軌道沿いには巡視用の踏み跡もあって楽勝モード、
途中で黒肉棒とパワージェルを補給したHさん、
元気爆発、突然走り出してあっと言う間に見えなくなった(^^;。

うーん、噂に聞いてたパワージェルはそんなに効果あるのか?、
それとも黒肉棒が凄いのか?。
まあ私は特にパワーを得る事もなくボチボチの下山やけど・・・、
そして出てきたのは出合いから数分の地点、
うん完璧やね!。

Hさんは既に着替えも終わって一服してはった。
恐るべき黒肉棒。



モノレール軌道を伝って快適下山

【良い癒やし渓でした】 

クラガリ又は名前は暗いけど悪いのは前半の廊下だけ、
中盤以降は明るく植生の美しい谷でした。
入渓も下山も楽だしちょっと遊ぶには最適の谷だと思う。

悪天予報だったけど雨はまったく降らず、
でも飴パワーは一杯貰ったけどね(笑)。

最後は久々に小処温泉に浸かって帰阪となりました。
お疲れ様。



遡行図


*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。

さわナビ会議室(patio)
さわナビ倶楽部(club)


- Copyright (c) 2000-2015 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME