圧巻のゴルジュに陶酔、大当たりの大栃谷遡行!。

渓谷の名称
大栃谷
山域(ピーク)
台高(白鬚岳)
渓谷の概要
吉野川水系、神之谷川の本流で白鬚岳へと突き上げる大栃谷は遡行対象としてはあまりメジャーでは無いが中流域に圧巻のゴルジュを内包しており遡行価値が高い。上流に入ってからも2段25M滝などの連瀑があって充実した一日を約束してくれるだろう。直登から巻きのルート読みまで遡行の楽しみが凝縮しており日帰り沢としては最高に楽しい一本となろう。
コースタイム
【神之谷川林道終点】 08:00
【植林小屋】 09:40
【Co880m二俣】 11:30
【2段25M滝下】 12:55
【白鬚岳】 14:55
【神之谷川林道終点】 16:45
ポイント
【★★★☆☆(沢3級)】 ポイントは二つのゴルジュをどう処理するかだろう。最初のゴルジュは15M滝の右岸から壁の基部を回り込み上段壁の隙間にあるルンゼを登って小尾根を乗り越す。そこから谷へと下降するが極度に狭まった廊下の奥に15M滝があって水線沿いは手が出ない、仕方なくそのまま右岸トラバースをするが外形したバンドで滑りやすい。二俣からすぐのゴルジュは3M滝を越えて中に入るが真っ暗でまるで洞窟の中に居るよう、しかも袋小路に15M滝があって行き詰る。ここは二俣まで戻り直進する土のルンゼを登り抜けた。この二本の廊下は圧巻でこの谷最大の見所となっている。
下 山
【★★☆☆☆(モノレール軌道)】 白鬚岳から少し西に進んでCo1310m付近の小ピークから南へと派生する尾根を下る。ポイントとしては小ピークへ登る手前の暖斜面から尾根に回り込むの楽だろう。小ピークの直下すぐにはモノレール軌道があって後は延々その軌道を伝う。最後のCo300mは転がるような激下りだが入渓点へとドンピシャで導いてくれた。
装 備
一般遡行装備必携、ロープも必携。登攀具も持参(ハンマー×2、ハーケン適数、カム類適数)
お勧め度
★★★★☆
参加人数
4人
所要時間
約8時間半
天候
曇り時々小雨
遡行日時
2013/06/30
地形図
大和柏木
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:良好 《ヒル情報》:生息 《温泉》:かもきみ温泉(500円) 《その他》:今年初の献血をしてしまった。


【マイナー谷遡行第二弾!?】

今回から本文レイアウトをちょっと変更してみました。
って言うのも年々『遡行図』の情報量が増えて作るのに時間が掛かり本文を書く頃にはすっかり疲れちゃうんですよね(^^;。
まあ実際に携行するなら遡行図だけの方が現実的だし、なら本文は写真メインであっさり行こうかなと。

マイナー谷遡行の第二弾は白鬚岳に突き上げる神之谷川の大栃谷、この界隈はまだ入った事が無かったんで楽しみや。
面子はひろっちさん、まんま君、ワクちゃん、私の4人、
遡行時間が読めなかったんで早朝4時に自宅を出発、神之谷川林道の終点には7時半着となった。あーねむた。

【神之谷林道終点(8:00)⇒植林小屋(9:40)】

林道終点からすぐ入渓、この辺りは石灰岩が多く白い転石が鮮やか、水色も透明度が高い気がするし流石は石灰岩系の谷やわ。
ここ最近しっかり雨が降ってる事もあってフリクションも良好やね。

やがて前方に何かありそうな感じ、淵の奥に3M滝が見える。
あっ、ここ写真で見たわ!、しかし倒木が倒れ込んで微妙な感じ、隙間を縫うも結局泳いで3M滝を登る。


神之谷川林道終点より入渓 釜を泳いで3M滝に取り付く

その上は4M滝とその奥に支流の20M滝が見える。森も艶やかでよい雰囲気。
この辺りは登れる滝が適度に配置されてて飽きさせない、みんなで嬉々としながら取り付いて行く。



4M滝快適に登る。森も潤いがあって色っぽい

右岸に巨岩の鎮座する7M滝、一見やばそうに見えるけどヒロッチさんとまんま特攻隊長が釜に飛び込んだ。
頭からシャワーを被って暫く格闘してたけど見事登り切った。

見れば「行けるで!行けるで!!」と手招きしてる。
寒そうやし躊躇してたけどココで行かないと何言われるか判らない、私とワクちゃんも渋々飛び込んだ。


巨岩の鎮座する7M滝、釜を泳いで取り付く 頭からドシャワーで突撃!

やがて右岸より植林帯が入って前方に小屋が見える。その前でちょっと休憩。



やがて植林小屋が見える

【植林小屋(9:40)⇒Co880m二俣(11:30)】 

歩き出すとすぐに2段12M滝、右岸に栃の大木がある。これが谷名の由来かな?。

シャワーなら直登可能やけど曇天+さっきまでの濡れ鼠で結構寒い、
特攻隊長は行きたいみたいやったけど「寒いからイヤや」って事で右岸壁を登る。ここには残置ロープがあった。


2段12M滝、右岸に栃の大木あり 2段15M滝、ここから圧巻のゴルジュが始まる

もうちょい行くと次は2段15M滝、両岸の壁もワイドでこいつは難渋しそうだ。
右岸の壁沿いをやや下り気味に回り込んで上段壁との基部に出る。
うまい具合に土の積もるルンゼがあって小岩峰のある尾根に上り詰めた。

ここから谷へと下降するが谷は深い廊下の奥に15M直瀑があって突破は不可能、
それにしてもこの廊下は両岸垂直で見事としか言いようがない。



ゴルジュの奥に15M直瀑、右岸壁を立ち木頼りでトラバース

そのまんま、まんまリードで立ち木頼りに右岸壁をトラバースするけど泥付きが多くルート取りがポイントになる。
ゴルジュの上は一旦平凡で二俣になっていた。
ここがCo880mの二俣やね、右俣は平凡な感じだが左俣は3M滝から再びゴルジュになっている。

【Co880m二俣(11:30)⇒2段25M滝下(12:55)】 

3M滝は左岸側からへつってゴルジュの中へ、中は真っ暗でまるで洞窟の中にいるようや、
先行した二人が「おわーっ」「うぉーっ」って奇声を上げている。
見れば袋小路に15M滝、両岸の壁は上で触れ合わんばかりに迫っていて光は届かず、
しかも水煙が朦々としていて写真を撮ってもピンボケするか水滴が反射するばかり。

地球の創り出した奇跡の空間はそう簡単には撮影させてくれないってとこだろう。

で、突破は全く無理、ボルト?、ダメですね!。
この神の芸術作品に人間が手を加えることは許されませんね。


3M滝から次のゴルジュに突入 まさに地球の創った奇跡の空間

そんな訳であっさり二俣まで戻って両俣の間に直進する土のルンゼを登る。
結構ズルズルした斜面なんで中間から左手の岩稜に出た方が登り易い。
抜けから廊下を覗くと底も見えないほど暗く、まるで巨大な竪穴に流れが吸い込まれて行くような感じ。



上から覗くと巨大な竪穴に水流が吸い込まれて行く

美しい7M滝、形も綺麗だが淡白な感じの釜がなんとも上品だ。まんま氏は「行きたい」と言うも時間が押し気味で右岸巻き。
そう前半遊びすぎたのか時間がヤバイ、うーん4時間も遊んでた記憶は無いんやけどなぁ(^^;。

その先で谷は伏流になるけど暫く進んで二俣のとこから流れが復活。
傾斜が一気に増して小滝が連続、まだまだ楽しませてくれますね。
岩は概ね順層なんでホールドはあるけど脆い滝が多い、ワクちゃんを確保しつつ慎重に登る

【2段25M滝下(12:55)⇒白鬚岳(14:55)】 

やがて2段25M滝、一見登れそうやけどいざ取り付いてみたらヌルヌルで冷や汗もん、
下山の事を考えてるとあんまし時間はかけられへんしなぁ・・・、
一番楽なとこは?、って事でまんまリードで右岸の草付きから巻くが結構悪かった。


美瀑7M滝、右岸巻き! 5M滝の奥に2段25M滝が見える

滝上はまだまだ斜瀑が続くけど区切りがあるので快適に登れる。
やがて水も切れ切れで源流の感じ、雫を垂らす10M滝の左岸を巻くとだいぶ空が近くなってきた。
そろそろエスケープの頃合やと思ってたらうまい具合に左岸が開けている。
雑木の斜面をヒーヒーと登れば白鬚岳から少し東側の尾根に飛び出した。



そろそろ逃げ時、左岸の尾根に登り詰める

【白鬚岳(14:55)⇒神之谷川林道終点(16:45)】

白鬚岳は初めてなんで展望を楽しみにしてたけどガスで真っ白や、残念。
下山は山頂から西に進んでCo1310m付近の小ピークから南に派生する尾根を下る。
事前情報によると尾根にはモノレール軌道があって下山に利用出来るとの事。

小ピークの手前から回り込むように尾根に乗ればすぐ直下までモノレール軌道が来ててビックリした。
周囲は自然林やしなんでこんな山頂近くまで敷設する必要があったんやろ??。
後はこのモノレール軌道を伝うだけなんやけどこれが長いのなんの、
延々と単調な下りが続き、しかも最後のCo300mは物凄い激下りで滑り出したら止まらない。
膝ガクガク、だんだん放心してきて何故か頭の中で『きゃりーぱみゅぱみゅ』がヘビーローテーションしてる。

ああモノレールに乗って下山出来るなら500円くらいなら払うのになぁ、
どっかのメーカーさん、軌道にセットできる携帯トロッコとか出ませんかね?
名前は、そう『ダウンアシストクルーザー』みたいな感じで(^^;。


ガスに煙る白鬚岳山頂 延々のモノレール軌道激下り

16時45分下山完了!。

【大栃谷は大当りの谷やね!!】

余談やけど久々にがっつりヒルにヤラレタ、手袋の内側でまったく無警戒やったんよね。
手袋内を狙われたんは二回目で翌日までずっと出血してた(T_T)。

それにしても大栃谷は登れる滝も多いし、巻きのルート取りも面白い、そして圧巻のゴルジュ達、
吉野川水系では間違いなく最高に面白い谷の一つですね。
もっとメジャーになっていい谷やけど変なツアーとか来るとそれはそれで色々問題起こりそうやし、
やっぱ知る人ぞ知る谷って事でマイナー谷のままが良いですね!。

最後は出血中の腕を隠しながら『かもきみ温泉』で汗を流して帰阪となりました。
同行してくれた皆様、そして台高の山々に感謝ですー。



遡行図

うーん、結局かなり長文になってしまった。もっと文章力を鍛えなあきませんわ・・・。



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。

さわナビ会議室(patio)
さわナビ倶楽部(club)


- Copyright (c) 2000-2013 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME