コンビニ渓流?、奥西ノ谷遡行。

渓谷の名称
奥西ノ谷
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
坂本ダムのすぐ北側に食い入る西ノ谷は東ノ川最大の支流であり不動滝60Mの大滝を筆頭に幾つもの廊下と滝が連なって美しい渓相を見せる。西ノ谷林道が開通して深山幽谷の趣きは薄くなったが、逆に言えば手軽に台高の渓谷美を堪能できる訳でもある。古い資料によるとサンギリ谷から上流は奥西ノ谷と呼ばれるそうで二次林の植生ながら穏やかな渓相が癒やしてくれる。
コースタイム
【林道駐車地】 07:55
【15M滝前(前回遡行打ち切り点)】 08:35
【サンギリ谷出合い】 09:40
【30M滝下】 10:20
【遡行打ち切り点】 11:05
【林道駐車地】 11:55
ポイント
【★★☆☆☆(沢2級)】 前半の廊下で10M滝の処理をどうするかがポイント、今回は右手を直登したがその場合はロープ必須、右岸を巻くならたぶん容易だろう。続いて狭い廊下に落ちる6M滝は右岸を巻くが滑りやすい。上部の30M滝は左岸より巻き抜ける。
下 山
【★☆☆☆☆(林道)】 遡行打ち切り点から適当に右岸の尾根に取り付きコンタで150mほど稼げば林道に飛び出す。後は林道をのんびり歩くだけ。
装 備
一般遡行装備必携、滝を直登するならロープも必要だ。
お勧め度
★★☆☆☆
参加人数
2人
所要時間
約4時間
天候
晴れ
遡行日時
2013/09/22
地形図
河合
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:普通 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:なし 《その他》:特になし


【西ノ谷遡行の続きへ】 

8月15日、お盆の真っ只中に遡行した東ノ川西ノ谷、
非常に充実した遡行やったけど帰宅して調べてみるとまだ廊下が続いているみたい。
このままやとずっと心に引っかかるしこれは行っとかねばなるまい。
そんな訳で西ノ谷上部へ行く事になった。

メンツは同じくK君と私。
これも同じく5時半に合流してサンギリトンネルを越えて少し下ったヘアピン付近に駐車。
ここは広い砂利の台地もあってたまにキャンパー達の姿も見かけます。

【林道駐車地(7:55)⇒15M滝前(前回遡行打ち切り点)(8:35)⇒サンギリ谷出合い(9:40)】 

駐車地から更に林道を下って前回遡行を打ち切ったカーブミラーの場所へ。
途中○師に出会い色々と話を交わす。



まずは前回遡行を打ち切った場所まで林道を下る

カーブミラーの場所は、そこから先谷が急激に落ち込んでいるのですぐに判った。
そこから踏み跡を伝って15M滝前へ、約一月ぶりの対面や。
前回は一つ下の15M直瀑トラバースで満足してしまい遡行を終了してしまったのだ。



15M滝の深淵が見えてきた

この滝、記録だとロープ無しで行けるみたいやけど、
まだ一発目で身体が起きてないのとシステムチェックの意味もあってロープを引いて行く。
うん快適、ウォーミングアップにちょうど良い滝やった。



ウォーミングアップに快適でした

その先で谷は左折して10M斜瀑、釜も大きく快晴の日差しが入って気持ちの良い場所や。
ここは右岸から直登。



日差しもあって気持ちよい場所や

更に10M直瀑、右岸を巻けそうだが右手の岩壁に何となくラインが見えた。
K君が「やる」と言う。今日のK君はやる気満々や。

中間部の一歩が悪そうやったけどハーケンとカムで登り切った。
最近ボルダーもプライベートも充実してるだけあって流石やね。



10M滝、K君が右手から直登

その上は極度に狭まった廊下の奥に6M滝。
ギリギリまで接近してみたけどこれはちょっと厳しそうと言うか寒そう。
右岸から巻くがちょっとズルズルして嫌らしかった。



極度に狭まった6M滝、右岸から巻く

すると眼前大きく開けて幅広10M滝。
これが林道からも見える滝や!、ガードレールが興ざめやけどそれでもめっちゃ美しい滝だ。
左岸の流れ際を登る。



ガードレールが興ざめやけど美しい滝だ

こいつも美しい8M斜瀑、よく磨かれていて芸術品のような滝だ。
フリクションを効かせて直登するが滑るか滑らないか紙一重でちょっとびびった。
もちろん巻けば楽勝なんやけどね。



フリクション勝負で直登したけど滑ったら下まで確定やね(^^;

【サンギリ谷出合い(9:40)⇒30M滝下(10:20)⇒遡行打ち切り点(11:05)⇒林道駐車地(11:55)】 

サンギリ谷出合いを過ぎると全くの河原になった。
もうこれがホンマに何もない河原で右岸にはずっと石垣が続いている。
この石垣はたぶん古い道跡だと思うけど、こんだけ立派な造りやし昔は重要な道だったんだろう。



これがまた全くの河原、右岸に石垣が続いてる

やがて前方に何やら大滝の気配。
おおっ、近寄ってみると立派な30M滝だ。
右岸のクラックを登れそうな気もするが上部は立っていてヤバイ感じ。



なかなか立派な30M滝、左岸ルンゼから巻く

うーん、これは巻こう・・・。

てな事で小さい釜をへつって左岸のルンゼに入る。
ガラガラした斜面を登って壁が切れたところから折り返すと落ち口の少し上に導かれた。



ちょっとした廊下状だが難しい滝は無い

滝上は溝状のちょっとした廊下、でも空が近くて圧迫感は無い。
6M斜瀑を快適に越えて15M滝の下に立つ。
ここは右岸の流れ際に木の根が張っていてそこを登った。



15M滝は右岸の木の根を伝って行く

これであっけなく廊下が終わり、右岸に小屋跡のような台地がある。
地形図見てももう何も無い感じだ。
もうちょい進んで2段6M滝を登ればまた完全な河原になってしまった。



最後の滝!?、2段6M滝

もう潮時やね。
右岸の斜面に取り付いて小尾根をぐぐっと登って林道へと出た。
そこから車までは30分の道のりだった。



今年はまだ夏のキノコが優勢ですね

【上部はお手軽コンビニ遡行やね】 

中部連瀑帯を続きって事で気を引き締めて臨んだが上部はお気楽癒やし渓でした。
でも林道からも見える美しい連瀑帯はやはり間近で見る方が感動もヒトシオ、
アプローチも下山も楽々で谷は簡単、でも見所はちゃんとある。

こりゃ初心者体験やのんびりお昼寝しに行くのに最適かもしれませんね。
あんまり早く終わってしまったので午後から大台ヶ原へキノコ探し。
今年は残暑厳しくまだ夏キノコが優勢でシーズンはもうちょい先になるのかな?。
K君、本日も楽しい一日をご一緒してくださりありがとうございました。



遡行図




*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。

さわナビ会議室(patio)
さわナビ倶楽部(club)


- Copyright (c) 2000-2013 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME