クラガリ又谷下部廊下はすげーとこです。

渓谷の名称
クラガリ又谷(下部廊下)
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
北山川の支流、小橡川の最奥部に位置するクラガリ又谷はその名の通り谷の入り口に顕著なゴルジュを持つ事で知られている。このゴルジュは出合いの橋から容易に見る事が可能な故に休日などは多くの観光客が訪れる。また水質の良さから『やまとの水30選』にも選ばれている。しかしその賑やかさとは裏腹に廊下内の滝群は悪相を極め並みの技術では歯が立たないだろう。
コースタイム
【クラガリ又谷出合い】 08:20(イキナリのゴルジュ、イキナリの泳ぎ)
【F2滝】 08:30/10:15(残置ハーケンを目指して左岸を登るが悪い)
【F3滝】 10:15/12:10(右手からのトラバースが悪い)
【40M大滝下】 12:30(左岸から巻いたが岩場交じりの大高巻き)
【40M大滝上】 14:30(懸垂2回でようやく谷へ戻る)
【クラガリ股谷出合い】 15:25(今度は右岸を登ってモノレール軌道へ)
ポイント
【★★★★★(沢5級)】 ポイントは廊下内のF2とF3の登攀、F2は左岸壁に真新しい残置を見つけて、それを目指して登るがハーケン連打からのアブミ登攀、トップが抜けてから判った事だが釜を泳いで瀑芯すぐ右手から登ると容易だった。F3は釜を泳いで小テラスに上がりそこからハーケン連打の登攀、一段上のバンドに登ってそこから落ち口へ向うが非常に悪い。全体的にホールドは外傾しいて丸い、更にクラックはフレアしている上に浅くカムやナッツ類は殆ど使えない。ここはしっかりしたハーケンワークが要求される場所だろう。
下 山
【★★☆☆☆(モノレール軌道)】 下山は右岸の斜面を登り詰めたところにモノレール軌道を発見、それを伝って出合いのすぐ側に降りてきた。登り6時間、下り30分、いかに急峻で難儀な谷だったか頷ける。
装 備
一般遡行装備にプラスしてロープ(8X30m)、カム類(適数)、ボールナッツ、ハンマー(各自)、ハーケン(各自数枚)、アブミ(各自)、アッセンダー(各自)
お勧め度
★★★☆☆
参加人数
3人
所要時間
約8時間
天候
晴れ
遡行日時
2008/08/03
地形図
大台ケ原山
写真室
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:悪い 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:小処温泉(700円) 《その他》:どこの谷でもそうだがこの時期はアブ類の刺虫が多い、遠慮知らずでヒルよりも頭に来る。


【ゴルジャー第3弾】 8月最初の日曜日、当初は泳ぎ系の沢と思っていたが候補が二転三転するうちに登り系のクラガリ又になった。まあ私の希望だったんやけど去年は泊まり沢がメイン、今年はゴルジュ系をメインにしたいとの考えからチョイスした。面子はリンゴさんと久々のタクさん、この強つよコンビに入ると私は全然ヒヨッコ、今日はしっかり勉強させてもらいます〜。

朝7時に川上役場で合流して南下、上北山から小橡川沿いの道に入ってクラガリ又出合いは8時前、終点の東屋は既にキャンパーさん達が大勢いて賑やかだ。その脇に駐車して準備を開始、観光のオジサンがやってきて「そう言えばこないだ誰か落ちてたな・・・」、不吉な事言わんといてぇや(>_<)。


出合いはキャンパー達で賑わう 暗〜い廊下がイキナリ登場

【クラガリ又谷出合い(8:20)⇒F2滝上(10:15)】 さて行きますか!、と言っても目の前の橋横から谷に降りればイキナリのゴルジュに突入で準備運動も何もあったもんじゃ無い、圧倒的に聳え立つ暗く深い廊下の奥には40M大滝が光輝き陰陽のコントラストが何とも素晴らしい。大滝までの距離は僅かに300m程、しかしこの間には5段の連瀑が険悪さを剥き出しにして待ち受ける。さて無事にあそこまで辿り着けるだろうか!?。


さあいよいよ廊下に突入だ 早速釜を泳いで5M滝(F1)を登る

まだ身体が暖まってないので寒そうだがじっとしてても始まらないんで釜を泳いで5M滝(F1)に取り付いた。ここは簡単!。続く8M滝(F2)は傾斜があって厳しそうだ。狙うとすれば滝身右手のぬめっとした垂壁か更に右手のスラブ壁かどちらかだろう。見上げれば右手スラブに真新しい残置スリングが見えた。一見では非常に厄介そうだがきっとここがルートに違い無い、とりあえず私のリードで取り付いた。

腰まで釜に浸かってヌルヌルの斜面を一段上がる。ホールドは丸く外傾していてイキナリのバランスムーブだ。どうにも怖いのでカムで支点を作り一歩左に寄ってここから残置目指してスラブを直上する。しかし1m程登ったところで手がかりが全く無くなった(^^;。カムの入るクラックも無いし、ハーケンを打っても下手な私ではさっぱり効いてくれません(T_T)。こりゃあきませんわとトップ交代、ここはエースのりんごさんに突破を託す。

そのりんごさんだがぬめった斜面に苦労しながらもハーケン連打からのアブミで徐々に高度を上げて遂に残置スリングの地点まで到達した。流石やな〜、そこから被り気味の斜面をトラバース、更にハーケンを打って滝横の濡れた斜面を抜けて滝上に出た。後続のタクさんも苦労しながら回収便に成功、抜けてから判った事だが滝のすぐ右手の岩はホールドが幾つかあってココを登る方が容易である。と言う訳でラストの私はこっちから行った(^^;。


苦戦しながらも何とか突破 F2滝は滝身のすぐ右手が容易

【F2滝上(10:15)⇒F3滝上(12:10)】 次は10M滝(F3)が立ちはだかる。こいつはF2滝にも増して難物そうで両岸は高く逃げ場は皆無、何処を登るか作戦を相談するがどれも「ココやろ」って言える代物じゃない、振り返るとゴルジュの入り口では観光客がシートに座ってこっちを見ている(^^ゞ。これじゃ恥ずかしくて撤退もできまへん(^^;。

協議の結果とりあえず滝身右手の岩に取り付く事になった。一応紐を付けて釜を泳ぎクラックから2M程登れば小さなテラスがある。ここで再びりんごさんにリードチェンジして登攀開始、少し上にボルトが一本埋め込んであるがりんごさん曰く「ココには必要ないでしょ」とボルトは使わずハーケンを打ち込んで数メートル上のバンドへ、ここからのトラバースが難物でまともなホールドやスタンスは皆無らしい、だいぶ長い間躊躇してはったが意を決して突入、アブミを駆使して無事に落ち口へ到達した。このトラバースはラストの私にも相当手強く回収すると足場が無くなってしまうジレンマと恐怖に慄きながらの登攀だった。


最大の難関、F3滝の右手を登る トラバースがめっちゃ悪い

【F3滝上(12:10)⇒40M大滝下(12:30)⇒40M大滝上(14:30)】 落ち口の大岩に立って振り返ると高度もあって中々の充実感だ。入り口からまだ200mくらいしか進んで無いのに既に4時間も経過している。まったく凄いところである。前方にはまた釜があって5M滝(F4)、しかし今度は右手に暖傾斜があって容易な登り、更に5M滝(F5)の右手をボルダームーブで越えると谷は一気に広がって100mくらいはあろうワイドなスラブ壁を従えた40M大滝が登場、滝下の大岩で達成感に浸りながらの昼食タイムとなった。


F5滝を越えると40M大滝はすぐ スラブ壁の美しい40M大滝

さて、この後をどうしますか?、考えられるのは右岸の急斜面を登るから左岸を大きく巻くかなんだけど、「既に満足なんでハーケンとか使うとこは嫌やな〜」「もうギアは仕舞いますわ」と言う事で40M滝は左岸から大巻き決定、しかしこの巻きもやっかいで小さく巻こうとしたもんだから到る所で岩壁に阻まれて右往左往、ロープを出すこと一回、更に谷への下降も悪く最後は2回の懸垂下降(うち一回は空中懸垂)で落ち口上へ抜けた時にはヘロヘロだった。

【40M大滝上(14:30)⇒クラガリ又谷出合い(15:25)】 40M滝の上もまだゴルジュは続いていて15M滝を懸ける。この滝も何だか怪しそうだ。先の巻きは2時間近くを要する大巻きだったし、暑いしダルいしもう一刻も早く終わりたい、そう言う訳でここで打ち切り決定、右岸にある堰堤巡視道を目指して40M大滝の落ち口から斜面をヒーヒー登って行く、この登りも立ち木頼りの急斜面で気が抜けないけど土管やら鉄杭やら人工物が目立つようになって来たのでもう巡視道も近いはず、と思ったらモノレール軌道が出てきた。レールも錆びてないしまだ現役な様子、ならこれを伝えば降りれるだろう。膳は急げと伝って行けばあっという間に出合いのすぐ上流に導かれた。そこから車まで僅か1分、なんと楽な下山でしょう(^^)。


大滝上の15M滝、ここで打ち切り決定 右岸からモノレール軌道に出た

【短くも充実した一日】 いやー今回は短いけど充実した楽しい遡行でした。ただ手放しで喜べる訳でも無く、今回の突破はりんごさんの力によるところが大きく私だけなら間違いなく敗退となっていただろう。カム類が使えずハーケンワークが重要になる谷では全く話しにならない事を実感させられた。今後はその辺りの弱点を克服出来るよう努力したい。今回はほんと良い勉強をさせてもらいました。大先輩のお二方に感謝です。

最後はこの地域定番の小処温泉で汗を流して道の駅でうどんを食べて解散となりました。今日もよき一日に感謝。m(__)m。



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



ウィークリーマンション オーディション 中古車 ウィークリーマンション マンスリーマンション フラット35 マンスリーマンション 手帳 高島彩 結婚相談

- Copyright (c) 2000-2008 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME