入渓点を探せ!、北股川徘徊(^^;。

渓谷の名称
北股川
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
北股川は池木屋山を源に流れる吉野川筋でも屈指の水系である。その流域は長大だが本谷筋は概ね穏やかな渓相が続く、一方で両岸に食い入る数多くの支流には急落したものが多く滝を連ねて絶好の遡行フィールドとなっている。
コースタイム
【山ノ神前】 07:55(不動谷出合いが判らず本流激流遡行)
【カマ谷出合い】 10:50(諦めて林道へ戻るとカマ谷出合いだった)
【山ノ神前】 12:45(仕方無いのでビシャクラ谷を遡行)
ポイント
【★★☆☆☆(沢2級)】 まともな遡行じゃなかったのでポイントは無いです。やっぱりある程度事前に調べとかないとダメですね(^^;。ビシャクラ谷は簡単に登れる滝が一杯あってそれなりに楽しめる。
下 山
【★☆☆☆☆(登山道あり)】 ビシャクラ谷の右岸尾根には仕事道があって利用出来る。比較的明瞭だがヒルが多いので注意したい。
装 備
一般遡行装備必携、ロープ及びカム類も使用、沢は何があるか判らないのでやっぱり装備は大切ですね(^^;。
お勧め度
★☆☆☆☆
参加人数
6人
所要時間
約時間
天候
曇り
遡行日時
2008/06/04
地形図
大和柏木
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:普通 《ヒル情報》:ヒルだらけ(被害者多数) 《温泉》:中庄温泉(700円) 《その他》:帰りに御所の片上醤油を買う、さらっとした中にもコクがあって美味、蔵の見学もさせて頂きました。


【平日沢】 小黒谷敗退の余韻冷め遣らぬうちに平日沢へ行く事になった。場所は北股川支流の不動谷らしい。前夜に三之公で幕営、今日は6人と大勢だ。当日は一台をデポして不動谷の出合いである山ノ神前へ向った。さあ今日も遊びまっせ〜。

【山ノ神前(7:55)⇒カマ谷出合い(10:50)】 準備を整えて出発、社横の小道を降りて北股川本流に出る。さて目的の不動谷は何所?、と言うのも一同お気楽で目的地の場所をしっかり確認していなかった。まあ適当に進んだらあるやろ!?、て事で上流に向って適当に進む。

それにしても今日の北股川はえげつない水量で徒渉ポイントを探すだけでも一苦労である。こわごわヘツリながら暫く進んだがどうも地形図と合わない、うーんどこやろ?下流かな?、てな事で今度は下流に進む。

どんどん進むが不動谷の出合いは無い、そのうち本流は廊下状になってきた(^^;。この水量では徒渉もヘツリも不可能だ。仕方なくロープを出して左岸の斜面を巻き登ったけど一体何してるんやろ(^^;。本流へ戻るも一向に出合いは無い、それどころかツルツル斜面が出てきてまた進めなくなった。


北股本流へ降りたけど・・・ 凄い水量ですなぁ(^^;

もう不動谷は無理やね、ビシャクラ谷に変更しましょ。と決まったが、それには本流を右岸に徒渉しなきゃならないがそんな場所は無い、暫く思案していたが意を決してロープを付けて対岸にジャンプ、一瞬流されたが流木を掴んで何とか渡りきった。そこから斜面を登って林道に出ればカマ谷出合いだった。


この流れを徒渉する羽目に カマ谷の滝も凄い迫力です

【カマ谷出合い(10:50)⇒山ノ神前(12:45)】 そこから少し下流に進んでビシャクラ谷を目指します。ビシャクラ谷は普段は水量の少ない谷やけど今日はいい感じで水が流れてます。

出合いから連続する斜瀑群をどんどん直登、どれも簡単なんだけど私的には先の本流トラバースと徒渉ですっかりお腹一杯になっていてどうでもええわって感じなんだよなぁ(^^;。


ビシャクラ谷は滝が一杯! 全部簡単に登れる

どれくらいの滝を登っただろう、連瀑の最後に5M滝があってシャワーなら越えられそうだが上はもう平凡だとの事でここから下山する事になった。


どんどん登れ〜 まだまだ登れ〜

右岸の尾根には仕事道があって比較的明瞭だがヒルさんがウヨウヨ、車に戻ってスパッツを取れば元気な姿を見せてくれる。私は被害無しだったが他の皆様はたっぷり献血されてました。

【やっぱり調べるのも大事やね(^^;】 と言う訳で不動谷は不発に終わった。やっぱりちゃんと下調べしとかないとあきませんね(^^;。以降の教訓と致しましょう。

その後は入之波温泉へ行けば定休日、杉ノ湯も定休日、中庄温泉で汗を流して解散となった。帰りに寄った御所の『片上醤油』は昔ながらの醤油蔵、さっらとした中にもしっかりしたコクがあって美味、仕込みの樽まで見学させてもらって良き一日の締めとなった。



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



ウィークリーマンション オーディション 中古車 ウィークリーマンション マンスリーマンション フラット35 マンスリーマンション 手帳 高島彩 結婚相談

- Copyright (c) 2000-2008 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME