桜はいずこ?刈安谷遡行。

渓谷の名称
刈安谷
山域(ピーク)
大峰
渓谷の概要
大峰中部、百名瀑『笹ノ滝』が懸かる事で知られる。笠ノ滝までは観光遊歩道が完備されているがその滝より上部2キロの間は壮絶なゴルジュが横たわり遡行者の侵入を拒んでいる。幾つか登れる滝もあるが概ね悪相で通常は巻き中心となるだろう。巻きに関してもルート取りが難しく初見で的確なルートを見つけるにはかなりの沢馴れが必要だ。それ故に自然の造形美は素晴らしく充実の遡行を約束してくれる。
コースタイム
【笠ノ滝駐車場】 07:45(笠ノ滝は右岸ルンゼから巻く)
【笠ノ滝上】 08:50(両岸ツルツルで凄い景色)
【ホホゴヤ谷出合い】 10:35(出合いの25M滝は凄い、必見!!)
【四ツ滝下】 12:10(どの滝も独立していて素晴らしい)
【夫婦滝下】 14:05(袋小路で一見手強そうだが左手を巻ける)
【小峠】 15:00(下山は凄く良い道だが複雑怪奇)
【笠ノ滝駐車場】 16:15(無事林道に出れば20分程歩くだけ)
ポイント
【★★★☆☆(沢3級+)】 巻きのルート取りが勝負の分かれ目となろう。笠ノ滝は左岸ルンゼを滝と同じくらいの高さまで詰めてから折り返し小尾根を越えたルンゼを懸垂で下降する。続く連瀑帯は左岸を巻き進むがバンドのラインが複雑だ、上まで逃げると壁に当り進退窮まるので谷底が見える辺りでのトラバースがポイントだろう。上手くすれば一回の懸垂でホホゴヤ谷の出合いへと導かれる。次の連瀑は登れる滝もあるが概ねは右岸を巻いて行ける。四ツ滝は最下段を左手、2段目3段目を右手から巻いて最上段の5M滝は右隅を直登した(カム×3)。夫婦滝の廊下は滝側までくれば左手にルンゼがあって容易に巻き越える。見所は人を寄せ付けない自然の厳しさと造形美。
下 山
【☆☆☆☆☆(コメント不可)】 下山はCo790m付近から右岸に見えるフェンス沿いに登って出てきたH教団の道を使わせてもらったがこれが複雑に入り組んでいてさっぱり判らない(^^;。小峠までは順調だったが、そこから1時間迷ったあげく結局教団施設が立ち並ぶ場所に出てしまい作業していた方に道を教えて頂いて何とか下山する事が出来た。
装 備
一般遡行装備必携、ロープは8mm×30mを2本を使用した。概ね立木からプロテクションとなるが滝を登るなら登攀装備も必携だろう。
お勧め度
★★★★☆
参加人数
4人
所要時間
約8時間
天候
晴れ
遡行日時
2008/04/05
地形図
風屋
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:滑り易い 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:かもきみの湯(500円) 《その他》:刈安谷周辺はH教団も持ち山であり入山には申請が必要である。今回は事前に入山申請したが電話一本入れるだけの簡単手続きなのでトラブルを避けるためにもちゃんとしておきたい。


【桜が綺麗らしい刈安谷へ】 2008年も3本目の遡行、そろそろギア類のチェックもしとかなダメかとちょっぴりグレードを上げた足慣らし第3弾。沢始めは南紀、前回は台高と来たので今回は大峰の刈安谷をチョイス、情報によると百名瀑『笠ノ滝』上から始まる大ゴルジュはかなりの難物らしく一筋縄では行かないそうだがこの時期は桜の出迎えが遡行の労を癒してくれるらしい。ちょっと不安もあるけど、まあ何とかなるっしょ(^^;。

面子はなつみかんさん、Kさん、今回が初ご一緒となるにゃみにゃみさんに私の4人、皆さんバリバリの本チャンクライマーさんなので心強い。前夜に集合して168号を南下、ずっと迂回路だった土砂崩れの現場は復旧しているようだ。風屋から滝川沿いの林道を進み奥里付近で幕営、翌朝はかなり肌寒かったけど巻きから始まる谷なので大丈夫やね(^_-)。とりあえず笠ノ滝まで移動して準備を整える。

【笠ノ滝駐車場(7:45)⇒笠ノ滝上(8:50)】 笠ノ滝までは右手の遊歩道を伝って楽々、落差40Mを一直線に落ちるその姿は百名瀑に相応しい。ここは『立入禁止』看板の向こう側、左岸に入るルンゼから巻きにかかる。笠ノ滝と同じくらいの高度までルンゼを詰めてから折り返して小尾根に登れば急峻なルンゼの下に刈安の流れが見えた。ここは懸垂下降が手っ取り早いと30mロープを2本繋いで一気に降下するが驚いたのはルンゼ奥は洞窟状の空間で懸垂の取り付き点は天井に詰まった巨大なCS上だった。


笠ノ滝は百名瀑に恥じぬ美しさ 洞窟の天井から一気に懸垂下降

【笠ノ滝上(8:50)⇒ホホゴヤ谷出合い(10:35)】 滝上はツルツルスラブ奥に10M滝が懸かり険悪な雰囲気、スリップすれば笠ノ滝まで持っていかれそうでビビってしまう(^^;、結局そのまま左岸から巻き登って先を目指す。この巻きではトラバースのバンドを見落としてどんどん上に押し上げられてしまい気付けば聳え立つ岩峰の基部まで来てしまった。こりゃいかんと元に戻って今度は谷床から20mくらいの高さをトラバース、見える谷中はツルツル滝と釜が連続していてとても近づけそうに無い、一箇所でロープを使い、更に懸垂下降を交えてようやく谷に戻ると、そこは岩壁が要塞の様に聳えるホホゴヤ谷出合いだった。


笠ノ滝上のツルツル10M滝 左岸の巻き途中から望む谷中

【ホホゴヤ谷出合い(10:35)⇒四ツ滝下(12:10)】 ホホゴヤ谷の出合いは小さい河原になっていて周囲は50m以上の壁、その中央を深く割って25M滝が落ちるえげつない場所、ほんまこの凄さは実際見れば誰もが驚く事間違い無しであろう。私達も唖然としながら暫し立ちすくんだ。

気付けばもう10時半になっており笠ノ滝の下からここまで2時間以上費やした計算になる。これでは先が思いやられそうだ(^^;。あまり長居も出来ないだろうと先を急ぐ、しかし本流はすぐに8M斜瀑を懸ける。ここは私は右手を、女性3人は左手のバンドから大岩の裏を潜って抜けた。


ホホゴヤ谷の25M滝は凄い景色 8M斜瀑は両岸から突破可能

続いては水流を一気に吐き出す10M滝が登場、巻きは左手が容易そうだが良く見れば右手の被った壁を3m程登ればテラスに出て後は歩いて越えれそうだ。情報によるとここはショルダーとかハーケンを打って・・・との事だが、そんなんもめんどくさいので丸いフットホールドにフリクションで立ち込みリップを掴んで一気マントル返しのボルムーブで抜けた(V1くらいか!?)。で、下を見れば3人が「私達はどうすれば・・・」と見ているのでNちゃんだけトライしてもらい2人には左手を巻いてもらう。そのNちゃんは最初ジタバタしてたけど見事に突破、流石は12クライマーの実力である。

谷は更に深い廊下となり7M滝の上で90度右折して斜瀑を懸ける。この辺り全く取り付く島の無い物凄いゴルジュだ。ここは巻くしか思いつかず女性陣と合流して左手から巻いて行く。この巻きはルート読みは容易だけど最後のルンゼトラバースが厄介でNちゃんがシュリンゲをセットしながらルート工作。廊下の写真を撮りに行ってて遅れた私は振り子気味懸垂で切り抜けた。


10M滝は右手をボルムーブで突破 ルンゼのトラバースが緊張〜

3条5M滝の上で一旦廊下を抜けてホッと一息付ける場所、思えば入渓からここまでずっとゴルジュでちょっと疲れも出る頃だ。暫くは平凡でいいかな!と思って進むもすぐに2条10Mが出現して思いは儚く潰えた(^^;。

【四ツ滝下(12:10)⇒夫婦滝(14:05)】 2条10M滝の上には連続する滝群が控えておりこれが『四ツ滝』であろうか!?。その2条10M滝は右岸から巻き8M滝の下に付く、次は左岸が巻きやすそうだがツルツルの落ち口上を徒渉せねばならず増水時は注意が必要だろう。無事左岸に渡ってルンゼから巻きモード、一見手強く見えるルンゼも登ってみると順層でホールド多く容易である。


四ツ滝最下段の2条10M滝 2段目、3段目は左岸ルンゼから巻く

巻き着いた場所は4段目、大釜に落ちる6M滝の下である。この滝は上部がツルツルっぽいけど右隅に階段状のホールドがあって何となく登れそうだ。ここまで巻き中心だっただけにイッチョ登ってみるか!!。ロープを付けて取り付けば前半はカムの効くクラックがあって楽勝だったが後半は外傾していて悪くプロテクションも取れない、それでも細かいピンチを拾いつつ何とか登って後続を確保、流石は本チャンで馴らした方々だけにスムーズに突破、この登攀でちょっと締まった遡行になりましたよね(^_-)v。


四ツ滝最上段、6M滝は右隅直登 後半は外傾していて悪い

四ツ滝を抜けると今までとはガラリと変って穏やかな渓相、緊張から開放されてのんびりワイワイと歩く、そう言えば今回この谷を選んだ理由に満開の桜目当てってのがあったんやけど何処に桜があるんやろ?、ちょい咲きどころか桜の木そのものが見当たらないんですけどぉ(^^;。

暫く進んで左岸から幾つもの湧水が滝となって落ちる美しい場所を過ぎると再び廊下になるけど遡行自体は容易、やがて廊下の突き当たりが巨大なホールになっていて左右から20M滝が豪快に落ちていた。これが『夫婦滝』、ここも凄い場所である。


左岸から幾つもの湧水滝が落ちる 夫婦滝周辺の廊下も素晴らしい

【夫婦滝(14:05)⇒小峠(15:00)⇒笠ノ滝駐車場(16:15)】 一見袋小路で脱出不能に見えるこの滝場も見回せば滝の右岸後に傾斜の緩いルンゼがあって簡単に突破可能、滝上は全くの小川で、なる〜い斜面が広がっている。陽だまりで遅い昼食を取ってゆるゆる進むと右岸にフェンス発見、近付いて行くと数人の若者が農作業をしていた。周囲に桜は無いけど『ミツマタ』が満開でこれで花見遡行も良しとしておきましょう(^^)。

そこからは整備された木道を使って小峠に至り楽勝下山かと思いきや滝川方面への下りで幾つもの分岐あり、そのうち大規模な工事現場や綺麗な舗装路を経て気付けば大きな施設が立ち並ぶ場所へ、ああ〜案の定迷い込んでしまいました(T_T)。こうなってしまうとどうしょうもなく、施設の方に声をかけて道を教えて頂き何とか無事に林道終点へと辿り着いた次第です。

一応ルートの概要を書いておくと施設の建物横を抜けて橋を渡って『旧道○番』と書かれた滝川右岸の水平道を下流に向って進んで行く。対岸下に林道と作業場が見えた辺りで谷に降りる道へと入り(道標無し)再び橋を渡って登り返せば林道の車止め付近に飛び出した。


フェンス横でミマタタが満開 ちゃんと入山申請しましたよ!

後は20分程車道を歩いて刈安谷出合いへと戻り着いた。

【沢は綺麗だったけど桜は何処?】 刈安谷は噂に違わぬゴルジュの連続で最初は巻き巻きにうんざり気味だったけど結果的には充実した楽しい遡行となった。遡行中の桜は見れなかったけど行き帰りの車窓では満開だったしミツマタの花もあったので良しだろう!。次回来る時はもう少し谷芯への接近を試みて、この素晴らしい渓谷の真価を目の当たりにしたい。

最後は定番の『かもきみの湯』で温まり王将で餃子を食べて解散となりました。今回も一緒に遊んでくれたメンバーと素晴らしい自然に感謝。m(__)m



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



ウィークリーマンション オーディション 中古車 ウィークリーマンション マンスリーマンション フラット35 マンスリーマンション 手帳 高島彩 結婚相談

- Copyright (c) 2000-2008 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME