美しき癒し渓、不動小屋谷遡行。

渓谷の名称
不動小屋谷
山域(ピーク)
大峰
渓谷の概要
大峰山脈西面のほぼ中央を流れる旭ノ川、その右岸に入る有力な支流が不動小屋谷だ。谷の中程と上部で林道が横切り人臭い感じのする谷だが林道からも見える池小屋滝の下に廊下を持っており上部の不動滝周辺もまだまだ健在だ。旭ノ川本流は独特の透明感を持った清流が特徴で本流降渓と併せれば素晴らしい遡行が期待出来る。
コースタイム
【不動橋付近駐車地】 09:00(不動橋付近の適当な場所に駐車)
【旭ノ川本流入渓点】 09:30(不動小屋谷出合いまで降渓、泳ぐ箇所多数)
【不動小屋谷出合い】 10:10(最初は平凡だが池小屋滝下の廊下は圧巻)
【不動橋】 11:20(一旦林道に出てしまい橋から仕切り直し)
【不動滝下】 12:35(延々と続くナメは当に癒し渓)
【Co910m付近二俣】 14:15(不動滝は右岸ルンゼから巻く)
【不動橋付近駐車地】 15:35(適当に林道へ上がって楽な下山)
ポイント
【★★★☆☆(沢3級-)】 ポイントとなるのは前半、池小屋滝下の廊下と不動滝の巻きだろう。前者は5M斜、10M、10Mからトユ状のナメに繋ぐ連瀑帯で5Mと10Mは右手から直登、次の10Mは左壁の弱点を縫うも注意が必要だ。不動滝は滝の左手に入るルンゼから攻略するが浮石だらけのルンゼは気が抜けない、60m程コンタを上げて落ち口方向へと折り返すがルート取りがキーポイントとなろう。上手くすれば小尾根の乗り越えて谷床へと導かれる。そこは巻きの労を忘れさせる素晴らしい斜瀑と廊下の競演、この谷の見せ場と言っても良い。因みにグレードを3級-としたが不動橋から不動滝を見に行くだけなら1級、本流降渓と池小屋滝下の廊下を経て不動滝までなら2級くらいだろう。
下 山
【★☆☆☆☆(林道)】 下山は林道を下るだけ。世界遺産絡みだろうか?、近年大幅に改修されたようで完全舗装の快適車道、それ故に比較的交通量が多い。
装 備
一般遡行装備必携、ロープは今回使用しなかったがあった方が安心出来る。前半の旭ノ川本流降渓部分は泳ぐ箇所が多いのでその対策が必要だ。
お勧め度
★★★☆☆
参加人数
2人
所要時間
約時間
天候
晴れ
遡行日時
2008/07/12
地形図
辻堂
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:滑り易い 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:かもきみの湯(500円) 《その他》:特に無し


【マイナー遡行第二段!】 先週に続いてのマイナー沢第二段!。本当は池郷本番も考えていたがなっちゃんのライフテストも兼ねて旭ノ川へやってきた。今日のルートは旭ノ川本流を少し下降して不動小屋谷を遡行する予定だ。不動小屋谷は中流部と上部に林道が通じていて人臭い感じのする谷だが『池小屋滝』や『不動滝』の長瀑を有する峻谷でもある。

【不動橋付近駐車地(9:00)⇒旭ノ川本流入渓点(9:30)⇒不動小屋谷出合い(10:10)】 ちょっとゆっくり目に集合して旭ノ川林道と釈迦林道の分岐付近に駐車したのは8時半、早速準備を整えてダートの旭ノ川林道を歩き出す。途中の不動橋からは池小屋滝が優雅に落ちるのを見渡せる。30分程歩けば林道は谷沿いになって川遊びには格好の地、適当な所から谷へ降りた。

さあ遡行開始、まずは不動小屋谷の出合いまで本流を降渓する訳だが今日はなっちゃんのライフジャケットデビュー、馴れない装備に困惑気味だったがいざ泳ぎ出すと快適〜と満足顔、すぐに出てくる長いS字状廊下も余裕で泳いで来た。


今日は快晴、暑くなりそうやね〜 長い廊下も余裕で泳ぐ

その後も渕と小滝が続いて泳ぎながらの快適降渓、滑り込む斜瀑の向こうには目を奪われる美しさの大釜、嬉々として泳ぎまくる。ここ旭ノ川は独特の透明感ある水色が素晴らしく関西でも屈指の渓流だろう。やがて谷が右折する手前が不動小屋谷の出合い、本流下流は廊下となって渕を連続させている。先には『下ノ桶側』と呼ばれる悪場もあり真夏ならこのまま降渓するのも面白いだろう。


素晴らしい大釜を泳ぐ 不動小屋谷出合いはゴーロ

【不動小屋谷出合い(10:10)⇒不動橋(11:20)】 今回は不動小屋谷へと進む、最初はぱっとしない感じだが時折出てくる小滝や釜は品があって界隈の面目を保っている。やがて右岸に50m以上の壁が立って右折したところに5M斜瀑、その上に10M滝があって廊下の様相だ。


釜や小滝は気品があって美しい 5M斜、10M滝から廊下に入る

両滝共右手から直登すると、凄い!、深く掘り込まれた岩溝の奥に10M滝が勢い良く滑り込んでいる。両岸はツルツルの洞穴状で全く手が出そうにない、ここは左壁の弱点を縫って巻き上がったけど丸いホールドに滑り易い岩質でやや緊張する場所だった。

滝上やや広くなって廊下を終えるが前方は大滝の気配で近付いてみるとコレまた素晴らしい、40Mの大滝が三日月の様な曲線を描いて落ちていた。上には林道も見えるのでこれが『池小屋滝』だろう。優雅で女性的な滝である。


岩溝奥の10M滝は左手を巻き登る 優雅で美しい池小屋滝40M

池小屋滝は一見登れそうだが先に述べたようにこの谷はフリクションが非常に悪い、上部はシャワー確実だし時間を食いそうなので根性無く巻く事にした。右手の樹林帯に入って登って行くと、あれ、林道に出てしまった(^^;。上に見えていたのでまあ当然か(^^;。

【不動橋(11:20)⇒不動滝下(12:35)】 と言う訳で仕切り直して不動橋の左手から入渓する。目の前には6M斜瀑、これをスイスイ登るとナメナメの渓相になった。このナメがいつ終わる事なく延々と続いてすっかり癒し渓、癒され過ぎて眠たくなってきた(^^;。日当たりよい場所でのんびり休憩してまた進む、ナメが切れるとゴーロになって岩間滝が出てくるけど通行には支障無し。


延々と美しい続くナメ床帯 時おりゴーロと岩間滝も出てくる

やがて前方の壁が立って谷が左折すると奥に白く光る大瀑布が臨まれた。おーっ!不動滝だ!!。いそいそ滝下へと向って見上げると、凄い、巨大な釜に50Mの直瀑が落ちている。中々のべっぴんさん滝で界隈随一の滝と称されるだけの事はある。周囲も100m以上の壁が取り囲み桃源郷と呼べる素晴らしい場所だろう。


界隈随一の名瀑、不動滝の勇姿 釜も素晴らしく飽きる事は無い

【不動滝下(12:35)⇒Co910m付近二俣(14:15)】 さてここからどうするか!?、周囲は高い壁でどこから攻めても手強そうだ。少ない記録を紐解くと滝を見て引き返している向きもある。しかしここは突破しておかないと沢屋の名が廃ると言うものだ。

じゃあ行きますか!。意を決して直進する急なルンゼを登り出す(滝の右岸)。浮石満載のガレガレルンゼで気が抜けず、慎重に高度を稼ぎコンタで60mくらい登ったところで右手の壁が薄くなったところから落ち口方向へ折り返す。殆ど歩かれてないらしく藪だらけだが幸いにもバンドが出てきて追って行くと上手く小尾根を乗り越えた。下りは割り合い楽でブッシュ頼りに流れが見える場所へ、谷床へ降りるところがちょっとしたクライムダウンだが良く探せば楽なところがちゃんとある。

降りた場所は廊下のと渕に挟まれた狭い河原、まだ時間もあるので落ち口を見に行こう。深い渕を泳いで斜瀑を下ると前方にぽっかりと空間が!、両岸はスラブ壁と斜瀑に護られて何とも美しい場所だ。これで巻きの労が一気に吹き飛んだ(^^)v。

元に戻って廊下は泳ぎ抜け、詰まりのCS6M滝はちょっとしたボルムーブで左壁を抜ける。上は広くなって右手に支流の4M滝と林道が見える。本谷はCS5M滝があってめんどくさい、ここは4M滝から巻いてCS5M滝の上に出た。


不動滝上の美しい斜瀑 廊下の渕は泳いで突破

風変わりな大岩の横を抜ければ突然大きく開けて全くの河原&ゴーロになった。明るく太陽サンサンで今まで濡れまくっていたと言うのに暑い(^^;。暫く進んでCo910m付近二俣で大休止、右俣に入ってもう少し遡行しようと思ったが林道が見えているし暑さに根負けして打ち切りとした。

【Co910m付近二俣(14:15)⇒不動橋付近駐車地(15:35)】 林道はこれまた快適な完全舗装、世界遺産絡みからか?近年整備されたようで新しい切り開きの壁が一杯ある。でも補強はしてないので大雨とか降ればあっと言う間に崩れるかもしれないな(^^;。結構交通量のある林道をずんずん下って駐車地までは今までに無いくらいの楽勝下山となった。


突然明るく平凡なゴロとなった 景色を見ながらの快適下山

【今回も秀渓に癒された】 いやー今回も当りの良い沢でした。やや人臭い谷とは言え本流は綺麗で泳ぎまくれるし不動小屋谷に入ってからは廊下にナメに大滝と飽きさせる事なく変化してくれた。なっちゃんのライフテストもまずまず合格、本番に向けてのよい練習になったんじゃないかな!?。

帰りは定番の『かもきみ温泉』で汗を流して帰阪となりました。ご一緒してくれたなっちゃんと大峰の自然に感謝〜。m(__)m



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



ウィークリーマンション オーディション 中古車 ウィークリーマンション マンスリーマンション フラット35 マンスリーマンション 手帳 高島彩 結婚相談

- Copyright (c) 2000-2008 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME