虹集う谷、内鹿野谷遡行。

渓谷の名称
内鹿野谷
山域(ピーク)
南紀(白見山)
渓谷の概要
南紀の白見山より南下して西高田集落付近で高田川へと合流する内鹿野谷は南紀独特のナメと豪快な大滝を有する変化に富んだ秀渓である。植林メインの山だけ少し荒れた感じもするが核心部の連瀑帯は山域随一の内容と迫力を誇るし、谷沿いには遊歩道もあって比較的気軽に遡行出来るのも魅力の一つだろう。*遡行ガイド等を見ると内鹿野谷(ウチカノ谷)と書いてある事も多いですが現地の案内やガイドマップには(ウチガノ谷)と記載されているので本記録では後者で統一しています。
コースタイム
一日目
【水車小屋の広場】 08:50(谷沿いを進み郷尽谷出合いから入渓)
【出合ノ滝】 10:20(ナマズ口ノ滝は右手を巻いて出合ノ滝も右手からの巻き)
【一ツ落滝下】 11:20(右手の壁を登るが立木頼りのモンキークライム)
【栂ノ戸滝下】 12:40(滝直下へは15mの懸垂下降、突破は少し戻って左岸ブッシュを登る)
【幕営地(Co450m付近)】 14:40(立派な木橋が谷を跨ぐ付近に石垣と台地がある)
二日目
【幕営地(Co450m付近)】 08:00(暫くは荒れたゴーロ)
【二俣(Co510m)】 08:15(右俣は長い枯れゴーロの後にナメが続いて白見山へ登る)
【白見山】 09:20(西南西に続く尾根を伝うが不明瞭箇所有り)
【十字路のコル】 10:05(コルを右折、内鹿野谷沿いの山道を伝う)
【幕営地(Co450m付近)】 10:40/11:00(自然観察歩道の水平道を経て口高田集落へ)
【水車小屋の広場】 13:00(後は林道歩きだが結構長い(^^;)
ポイント
【★★☆☆☆(沢2級+)】 ポイントは一ツ落滝、栂ノ戸滝と連続する大滝の処理。一ツ落滝は左岸の壁にロープを出して立木頼りのモンキークライムだが高度感もあって慎重を要する。登り着いた小尾根から栂ノ戸滝へは15mの懸垂下降、突破は左岸ルンゼを登るのが通常ルートだろうが今回は水量多くて取り付けず一ツ落滝の落ち口まで戻って左岸のブッシュ帯を急登した。小尾根に戻ってからは踏み跡を伝って落ち口へと抜ける。見所は美景の滝群と南紀特有のナメ滝。
下 山
【★★☆☆☆(登山道あり)】 白見山から東進する尾根を下って『十字路のコル』へ出るが道中やや不明瞭。コルを右折(内鹿野谷側)してからは比較的明瞭に続き内鹿野谷へと導かれる。そこからは整備の行き届いた『自然観察道』を進んで『口高田』集落の北側に出る。後は車道を歩くだけだが意外と長距離で白見山ピークから水車小屋まで3時間は見ておきたい。
装 備
一般遡行装備必携、ロープも必携、プロテクションは立木が中心なのでスリング類が有効。
お勧め度
★★★★☆
参加人数
2人
所要時間
一泊二日
天候
快晴/快晴
遡行日時
2007/10/20-21
地形図
新宮・大里
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:良好 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:雲取温泉(400円) 《その他》:付近は滝の宝庫で見所が多い、温泉地も豊富なので時間に余裕あれば立ち寄るのも楽しいだろう。


《一日目》

【急遽南紀沢へ】 10月も終盤の週末、天気は良さそうだが寒くなる気配、当初は蓮の谷を予定してたが寒波予報にびびって急遽南紀に変更した。チョイスしたのは前から行ってみたかった高田川の内鹿野谷、今年は当り沢に恵まれてるし今日も期待したい(^_^)v。

そして今回はMちゃん号での初アプローチ、年中活動期の当人と違って3年で6000Kしか走ってない引きこもり君にも自然の空気を一杯吸ってもらいたいところだ。早朝4時に集合して南紀を目指す。まだ真っ暗だし前日の雨が余韻を残していて時折ザーっとくるが、でもきっと大丈夫!、だって私ら日頃の行いが良いから〜♪。国道168号に入ってからは運転を交代しつつ出合いの水車小屋前駐車場には8時半着となった。

【水車小屋の広場(8:50)⇒出合ノ滝(10:20)】 早速準備を整えて出発、予想通り空は快晴へと変っていて気分も上々だ。それに流石は南紀、暖かいって言うより暑い(^^;、こりゃええ遡行日和だわ!。

出合いに水車小屋の広場がある事からも判るように内鹿野谷は遊歩道が整備されていて『出合ノ滝』までは一般ハイカーでも気軽に行ける。しかしあまり確認してなかったのでそのまま谷奥へと続く小道を進んでしまった。すると、すぐに藪気味となって歩き難い、右往左往しながら一枚岩の対岸を行けば目の前に立派な遊歩道(^^;、ちゃんと道あるやん・・・、と言う訳でここからは遊歩道を使う。途中『ズリ石』や『ヨキトリ渕』の案内板を見て郷尽谷出合いより入渓、谷は『三森ー』と呼ばれる岩壁の基部と巨岩に挟まれて極度に狭まり、その奥にCS3M滝を懸けている。釜は巨大で雨の影響か水量も多い、苔の沈み具合から見ても通常より10cmは多いだろう。取り付くには釜を泳ぐしか無くて、あっさり左手を巻くとまた遊歩道に出てしまった(^^;。


快晴の空と引きこもり君 三森ーの基部でCS3M滝を懸ける

気を取り直して再入渓、水勢が強く流芯を避けながらの遡行だが夏場なら泳ぎたくなる渕が沢山ある。やがて2M滝が連なって谷を塞ぎ『俵淵』の案内表示、遊歩道は右手のスラブを木橋で斜上して行くが我々は一応沢屋なので左手から巻き上がる。すると突然大きな渕に滑りこむ美しい3M斜瀑、これがナマズ渕で奥には『ナマズ口ノ滝』が豪快な姿を見せてテンションも急上昇。


俵淵と2段4M滝 ナマズ渕の奥にナマズ口ノ滝が登場

ナマズ渕は右手を登りナメ床を少し進めば前方に豪快な『ナマズ口ノ滝』、高さは15M程だが谷幅一杯に飛沫を上げて虹を懸ける。何時間でも見ていたい美瀑だがそう言う訳にも行かないので右手から遊歩道に入ると「整備はここまで」「これより立入禁止」の看板、勿論構わず進んで巻き道を登れば落ち口へのバンドが切れている(^^;。斜面には怪しいトラロープを張ってあるがこんなん絶対頼れないって代物だ。仕方なくもう一段上のバンドまで登って谷床へ降りた。

ナメ床が暫く続いて次も素晴らしい15M滝、これが『出合ノ滝』だろうか?、文献にはこの滝が『ナマズ口ノ滝』とあったり『出合ノ滝』だとあったりする。どれが本当か定かでないが先刻のナマズ渕は大よそ確定しているので当文では渕の直後にある滝を『ナマズ口ノ滝』と記載した。


水量豊富で美しいナマズ口ノ滝 出合ノ滝も美しい滝である

【出合ノ滝(10:20)⇒一ツ落滝下(11:20)】 話を戻して出合ノ滝の突破だが右手を木の根頼りに登攀、念のためロープを引いたがホールド、スタンス共に充分で特に問題は無いだろう。滝上は南紀特有のナメ床が長く続いて嬉しい時間、そしてナメが終わるとまた滝が見えてきた。今度は7M滝だがその上にはなにやら物凄い大滝が見え隠れしてる。きっとこれが最初の大滝、『一ツ落滝』に違いない、それにしても内鹿野谷は南向きの谷だけに終始陽光が降り注いで7M滝の飛沫にも虹を懸ける。ここはきっと虹達の集う谷なのだろう。


南紀特有のナメを快適遡行 ナメが終わると7M滝が出る

7M滝の突破は右手のルンゼから巻くが容易、滝上は『カンス渕』と呼ばれる深い釜と3M斜瀑が直結していて一緒に巻かされた。眼前には唖然とする水量で一気に落ちる35Mの大滝『一ツ落滝』が迫る。釜も巨大でここにも円を描くように虹が懸かっており言葉で言い表せないくらい素晴らしい光景だ。私も色んな滝を見てきたが之ほど気品と風格を併せ持った滝はそう多くないと思う。


気品と風格を併せ持つ一ツ落滝 虹と晴天と大水量が滝に磨きをかける

【一ツ落滝下(11:20)⇒栂ノ戸滝下(12:40)】 時間にも余裕あるしゆっくり滝見レストを入れてから突破を思案、ここは右手のルンゼに入って登り易そうなところから取り付いた。途中から落ち口目指してトラバース気味に登って行くが殆ど垂直で木の根が頼りのモンキークライミング、高度感もあって気が抜けない、登り出たのは落ち口より10M上の小尾根状で「しまった一段上に来てしまったか・・・」、前方には次の大滝『栂ノ戸滝』30Mが見えているのだが谷中に戻るには懸崖を降りなければならないので一瞬このまま巻いてしまおうかと考えたが時間も早い事だし30mロープ一杯の懸垂下降で滝直下へと降り立った。

【栂ノ戸滝下(12:40)⇒幕営地(Co450m付近)(14:40)】 目の前で見る栂ノ戸滝はこれも迫力満点で今までの労が吹っ飛ぶ素晴らしさ。ここでもゆっくり滝見をするが、さて問題は逃げ道だ。なんせ懸垂で降りてるだけに登り返しのルートが必要なのである。通常は滝身右手のクラックからルンゼを登るようだが今日は大水量で取り付けない、念のために懸垂ロープは残してあったがFIXの登り返しは結構面倒なので極力避けたいとこである。暫く思案していたが一旦『一ツ落滝』の落ち口まで戻って再度のモンキークライミングで小尾根に登り返した。

小尾根からは明瞭な踏み跡があって容易な巻き、滝上はまだ連瀑で深淵の6M滝へと繋いでいた。左手滝際を簡単に抜けると次は5M斜瀑、右手からは簾状の10Mが合流してV字状に一つの釜へと注ぎ込まれている。今までの大滝群は轟々と落ちる豪快な景色だったがこの滝はスルスルと優雅に流れていて、この対比が何とも言えず素晴らしいところだろう。


栂ノ戸滝へは懸垂下降で接近 深淵の6M滝は左手から突破

Mちゃんもこの景色が一番気に入ったようでずっと見惚れている。そしてかなり泳ぎたそうだ(^^;。しかし背中を後押ししてあげようと近づいたら怒られた。親切心なのにぃ〜(^^;。

この滝場を過ぎるとすっかり穏やかとなって植林が谷床まで寄ってきた。右岸に支流を入れて暫く進めば左岸には『自然観察歩道』の立派な石垣道が沿って木橋が渡っている。明日はこの道を使って口高田集落に出る予定なので橋の少し下流、右岸台地を今宵の宿とした。


対照的な美を感じさせるV字滝 木橋の下流右岸が今宵のお宿

シェルターを張ったり石組みの椅子を作ったりして一応のセッティングは完了。しかし今日は夜になっても海風が収まらない、まだ気圧が不安定なのか?。お陰で各所配置を間違えてしまったではないか(>_<)、吹くたびに舞い上がる季節外れの紅ホタルに包まれて内鹿野の夜は更けていった。(*通常安定した天候下では夜になると海水温の方が高くなる為に山側から海側に向って風が吹く場合が多い)

《二日目》

【幕営地(Co450m付近)(8:00)⇒二俣(Co510m)(8:15)⇒白見山(9:20)】 6時半起床、10月も後半になると流石に冷え込みがキツく新投入のダウンシュラフやダウンジャケットが重宝した。のんびり朝食を食べて出発は8時頃、日帰り装備で身体は楽なんだけど谷中は倒木がうるさくて山道と遡行のミックス歩き、そんな感じで15分も進めば二俣に到着だ。左俣の方が面白いと聞いていたが白見山へ直接登りたかったので右俣をチョイスした。

右俣に入って少し進むといきなり伏流のゴーロとなって唖然(^^;、「まあすぐに回復するやろう」と登っていくが一向に流れが戻る気配はない。更に倒木の跨いだり潜ったりするのに四苦八苦、内鹿野の核心はこの枯れゴーロ&倒木地帯やなぁ・・・。

やがて標高も700mに近づく頃、ようやく流れが戻って前方には延々のナメ床、今までが最悪だっただけに思わず嬉々として駆け寄った。そこからは南紀独特のナメとも斜瀑とも呼べる斜面をフリクションで登って行く。中間に懸かる10M滝だけは右手を巻いたがそれ以外は実に楽しい一時、ナメが終わるとまた植林斜面になって白見山ピークの少し西側に飛び出した。


南紀名物の連続ナメナメ地帯 白見山からの絶景

【白見山(9:20)⇒十字路のコル(10:05)⇒幕営地(10:40)】 白見山は北側にガレを持っていてその方面が絶景ポイントになっている。澄み切った青空に遠く大峰や台高の山々が見渡せて最高の気分だ。いつまでも見ていたい風景だが少し冷えてきたので下山を開始、最初何も考えず下ったらイキナリ尾根を間違えた(^^;。しかしすぐに気付いて修正、地形図はザックに入れっぱやったし、やはりちゃんと方向確認しないとダメですねぇm(__)m。

と言う訳で東に延びる正解尾根を伝って下山開始、不明瞭な箇所もあるが尾根と踏み跡を確認しつつ十字路のコルまでは30分、内鹿野谷側へと続く小道は割と明瞭に続き見覚えある景色に直結、そこからは快適道がテン場へ導いてくれた。

【幕営地(10:40)⇒水車小屋の広場(13:00)】 シェルターを撤収して『自然観察歩道』を歩く、この道は標高400m辺りの水平道で高速道路みたいだ、導水管がずっと沿っているので今でも整備されてるのだろう。やがて新宮営林署の小屋を過ぎて小尾根の鼻を回り込むところに谷へと向う分岐発見、少し興味あったがそのまま水平道を進んだ。


十字路のコルにあった朽ちた道標 水平道の営林署小屋付近

快適道をどんどん歩くが集落の家並みが見えても一向に下る気配無く結構長い、舗装路に変ってからも延々歩かされてCo200m付近、口高田集落の北側で一般道に合流した。後はこの道を下るだけだがこれも長い(^^;、でも天気が良いので青空を眺めながらのお散歩モードで13時ジャストに水車小屋へと戻り着いた。太陽サンサン、引きこもりだったMちゃん号は初の遠出に興奮してたのか車内は熱気ムンムンだった。


快晴のお散歩道だが長い(^^; 雲取温泉は中々の名湯

【ベストチョイス内鹿野谷】 帰りは近所の『雲取温泉』に立ち寄る。噂には聞いてたが入湯料400円と安価な上に白濁したお湯が心地よく中々の名湯であった。ラストは大阪まで4時間半のドライブモード、Mちゃん号もう少し頑張ってネ!。

台高予定から急遽変更した南紀沢だったが両日共快晴でタイミング的には完璧だったと思う。水量も豊富で素晴らしい大滝も見れた。やっぱり沢は素晴らしい、自然は素晴らしい、この感動をまだまだ見たい。そう思える内鹿野谷遡行となった。

今回も同行してくれたMちゃん、初遠出の引きこもり君、そして素晴らしい自然に感謝。m(__)m



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2007 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME