魅惑の美渓、黒石谷(クロイシ谷)遡行!

渓谷の名称
黒石谷
山域(ピーク)
台高(黒石岳)
渓谷の概要
台高中部、黒石岳から伯母ヶ岳周辺流域の水を集めて北走する黒石谷は本沢川最大の支流である。谷は長大で深く、幾つも大滝と深淵を連ねて静と動を繰り返す。エキスパート以外は巻き中心の遡行となるが入渓から源流域まで見所満載、沢好きなら一度は訪れたい魅惑の美渓だろう。
コースタイム
1日目
【林道終点】 09:40(入渓してすぐに廊下(^^;、左手から巻く)
【明神滝下】 11:30(男女滝は左手、明神滝は右手ルンゼ状岩場を攀じる)
【霞滝下】 13:00(霞滝は左岸クラック状ルンゼの右手を登るが注意)
【鬼滝下】 14:50(2段35Mの鬼滝、下段は直登、上段は右手斜面を巻く)
【幕営地*Co1020m二俣】 16:20(Co1020m付近の二俣に台地有り)
2日目
【幕営地*Co1020m二俣】 07:20(遡行開始するとすぐに美しい連瀑となる)
【奥の二俣】 07:45(最後は笹薮の急登)
【黒石岳】 08:30(読図を駆使して黒石岳から北に派生する尾根を下る)
【駐車地】 10:40(上手く決まればユノ谷左岸尾根から林道に出る)
ポイント
【★★★☆☆(3級)】 最初のポイントは明神滝の処理、一見手強そうだが右手の大岩下からルンゼを登って巻き越える。続いては霞滝、左岸クラック状ルンゼの更に右側を登るが悪くカム類が有効。そして鬼滝の突破もポイントで下段は直登、上段は右手バンドを戻り気味に伝うが高度感があるので慎重に!。見所は全てと言っても過言では無い。
下 山
【★★★★☆(要読図力)】 下山は通常利用される谷沿い右岸の杣道は使わず黒石岳から北に派生する尾根を伝う。尾根上にテープ等の目印は無いが薄いながら踏み後が通じていて読図に自信あるなら安全かつスムーズに出合いへと導いてくれるだろう。(詳細は本文及び遡行図参照)
装 備
一般遡行装備必携、ロープ必携、登攀具も持参した方が望ましい。*今回カム(Cometo1,2番)を使用した。
お勧め度
★★★★★
参加人数
2人
所要時間
一泊二日
天候
晴れ
遡行日時
2007/07/28-29
地形図
大台ヶ原山
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:やや悪い 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:入之波温泉五色湯(700円) 《その他》:特に無し


《一日目》

【夏のメイン沢第一弾は黒石谷】 CRUXで夏のメイン遡行第一弾を思案していたらJ役さんから「黒石は?」との声、私も行きたい谷だったのでふたつ返事で決定!。しかし直前でJ役さんが多忙となりキャンセル、残念だけど仕方が無い、Mちゃんと頑張ってきます〜!!。

早朝集合して169号から本沢川沿いの道を進むと大迫貯水池は満水で二の俣出合いを過ぎてもまだ湖水がある。こんな水位を見るのは初めてだ。黒石谷出合いのゲートは閉まっていたので車道を少し進んだ膨らみに駐車して準備を整えた。

【林道終点(9:40)⇒明神滝下(11:30)】 ゲートの横をすり抜け右下に美しい流れを見ながら20分程歩けば林道終点で小道から谷へ降りる。穏やかな流れを行くとすぐに6M斜瀑、釜も大きく美しい、前方には切り立った両岸が見えていきなりの廊下を迎える。突破は辛く左手斜面を巻くと山道に出てしまった。


入渓すぐの6M斜瀑 いきなりの廊下、左手を巻く

谷に戻って美しい流れを進む、2条10M斜瀑はMちゃんが左手際に取り付いて固まっている(^^;。お助けしようと右手から巻いたら無事登り切ってた。流石だけど無理はしないでね!。そしてまた廊下、詰まりに4M滝があって泳げば抜けれそうだがあっさり右手から巻いた。滝上は末広がりの12M斜瀑へと繋いでため息が出る程美しい空間を作り出している。


2つ目の廊下は右手巻き 美しい末広がりの12M斜瀑

12M斜瀑は快適に直登、間髪入れず8M滝があって左手から巻く、谷に戻ると2条に落ちる10M滝、これが男女滝と見る。その奥、上方に飛沫を上げる大滝が見え先の優雅さから一転豪快な渓相になる。男女滝は中央の張り出しを登れるそうだが左手から巻く、眼前には先の大滝、明神滝が迫る。落差30M、圧倒的な壁と水量で黒石谷クライマックスの1つに違いない。


8M滝は左手から巻く 男女滝の左側の流れ、この辺り豪壮だ

【明神滝下(11:30)⇒霞滝下(13:00)】 滝下は袋小路状で一瞬不安になったが右手の大岩下に隠されたルートがあってそこから左岸ルンゼの岩場に取り付く。岩場はホールド豊富で快適だが高度感があるので慎重を期したい。最後はブッシュ帯に入って流れに接近して行けば案外楽に落ち口へと出れた。


圧倒的迫力の明神滝30M 大岩下から左岸ルンゼに取り付く

続いては扇滝10Mの登場、なるほど!形を見れば名前は頷ける。ここも左手からの巻き、結構ズルズル斜面で最後は山道に出てしまう。しかもすぐ谷に戻れず小さいルンゼをやり過ごして緩くなった斜面を下った。これで一旦連瀑帯は抜けた模様で再び美しい流れの快適遡行、左岸からCS滝となって合流する深切谷を見送れば前方廊下とその奥に輝く白布が見える。これが噂の霞滝だろう。

【霞滝下(13:00)⇒鬼滝下(14:50)】 廊下の中をへつりながら接近、霞滝は中央の張り出しを登れるらしいが上部はかなり厳しそう。他を見渡すと左岸斜面を7、8メートル登ればブッシュ帯に逃げれそうだ。さてどこを狙うか?、最短の立木を狙い左岸クラック状ルンゼの更に右手へ取り付いた。最初の数メートルを簡単に登ってカムをセット、傾斜の増した壁を細い立木まで登りランナーを取るが結構動いている(^^;。そこからが問題でやや被り気味になってる上にホールドは無い、突破するには細木に全体重を預けてモンキークライムするしか無さそうで暫く躊躇していたが足元のカムがバチ効きだったので根性を決めて登り切った。次のピッチは泥斜面なもののしっかりした立木があり楽勝、しかしMちゃんは苦手な様子。ルンゼの上部を左手に渡り笹薮の斜面を登ればナメの広がる落ち口であった。


形で判る扇滝10Mは左手から巻いた 霞滝40Mが廊下の奥で白く光る

滝上はすぐに菅平谷との出合い。左岸に石垣があって絶好のテン場に見える。ここで泊する人も多いと聞くが明日源流まで詰めたい我々はもう少し進む事にした。女性的で優美な流れを快適に進む、どの滝も釜が大きくて泳ぎ派には絶好の遊び場だ。特に多条10M滝は素晴らしい。やや傾斜が増して谷が大きく左に曲がれば2段30Mの鬼滝登場、名前のインパクトとは裏腹に美しい滝である


多条10M滝辺りは絶好の遊び場 鬼滝2段30Mは右手のバンドを伝う

【鬼滝下(14:50)⇒幕営地*Co1020m二俣(16:20)】 鬼滝の突破は下段は直登、上段は傾斜が立つので右手のバンドを戻り気味に進んでブッシュ帯へと逃げる。このバンドはブッシュ帯に入る直前が外傾気味、高度感もあるのでロープを出した。

滝上はまた美しい流れに戻る。この谷は女性的な優しい流れと迫力ある滝場が交互に現われて飽く事を知らない。Co942mの二俣を左に入ってもうそろそろ大人しくなるかな!?と思っていたがまだ滝が続いて止めは4度目の廊下(^^;、時間的にもう遊んでられないと右手の急斜面を登れば踏み後があって容易に抜ける事が出来た。

時間は16時過ぎ、Co1020m付近の二俣が予定していた幕営地、一張り分だが快適な平坦地があって今宵の宿をここに決める。語らいの一時とささやかな宴、時期外れのホタルまで迎えてくれて至福の時間は過ぎていった。


4度目の廊下、右手斜面から巻いた。 Co1020m付近二俣が今宵のお宿

《二日目》

【幕営地*Co1020m二俣(16:20)⇒奥の二俣(7:45)⇒黒石岳(8:30)】 沢の朝は早い、5時過ぎに起床してお湯を沸かす。今日は薄曇り模様だが心配していた雨は当面無さそうだ。濡れた靴下にヒーヒー言いながら準備を整え遡行再開!。

すぐに釜を持った2段6M滝と15M斜瀑が現われる。もう源流域なのにホント綺麗で水量豊富な流れが続く。6M滝は右手、15M斜瀑は左手の際を抜けると谷幅一杯のナメ、嬉々として進む。


15M斜瀑が目を楽しませてくれる 最後の見せ場!谷幅一杯のナメ

ナメが終わると大きい二俣があって水量比は1:1、この先はすっかり源流模様で植林の谷へと変る。奥の二俣には平坦地と大きな石垣があってどこでもテン場と言った感じ、左俣に進路を取れば水も途切れてガレ登りとなる。これが暑くて倒木も多く、億劫になって左手の尾根に逃げる。背丈より高い笹の海を20分程漕いで予定通り黒石岳より1つ南東の小ピークへと登り着いた。尾根には明瞭な登山道が通じており一頑張りで1348m、黒石岳へ登頂となった。


背丈より高い笹の海を漕いで 1348m、無事黒石岳へ登り着いた。

【黒石岳(8:30)⇒駐車地(10:40)】 さて、実はここからの下山が今日のポイントなのである。黒石谷を遡行した場合、通常は谷沿い右岸の山道を利用する人が多い、しかし山ヌケや橋の老朽化で一筋縄には行かず下山が核心だと言う人まで居る。正直なところ沢以外での困難は避けたいもので、このリスクを解決するために考え付いたのが黒石岳から北に派生する尾根を伝って林道に直接出るルートだ。入渓前の林道歩きで確認した植林の暖斜面、ここに降りてくれば下山路として最短なはずだ。以下ポイントを記載しておこう。

@、黒石岳から北に少し下ってCo1280m付近の分岐は北北東の尾根へ入る。(北北東尾根の方が主尾根だし踏み後もあるので自然に入る)
A、更に下ってCo1075m付近が思案処、我々は北西尾根に進路を取ったがこの辺り笹藪が繁殖して見難いし北東尾根の方が主尾根なのでついつい入りたくなる。高度と方向を正確に把握して見極めてもらいたい。
B、もう少し下ってCo930m付近、北北東側に平坦斜面が見えてくるがそれが正解尾根に繋がる。この辺り下草も薄く見易いのでガスが無ければルート取りは比較的容易。
C、後はこの尾根を下る。Co500m付近が林道との合流なので直前でユノ谷側に逃げればドンピシャ!林道へ。後は出合いまでのんびり歩くだけ。


ドンピシャ林道! 後はのんびり歩くだけ

「下山上手く行ったね〜!」と鼻歌混じりで歩き、愛車が見えて来ると魚篭を持った二人連れが車内を覗き込んでいる。オイオイ、私の車に魚影はありまへんで(-_-;)。

【黒石谷は魅惑の美渓】 黒石谷は噂通り素晴らしい谷であった。幾つもの大滝と深淵、前鬼程とは言わないが水色の美しさ、内容も豊富で本当に大満足の二日間であった。また下山路も計算通り上手く決まったしトータルで完成度の高い沢旅だったと思う。また機会あればこの谷と出逢いたい。

最後は入之波温泉五色湯で汗を流して帰阪、時間はまだお昼過ぎで酷暑の大阪が待っていた。二日間一緒に遊んでくれた台高の自然とMちゃんに感謝。m(__)m



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2007 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME