碧ノ廊下に酔う池郷川小又谷(コマタ谷)遡行!!。

渓谷の名称
池郷川小又谷
山域(ピーク)
大峰
渓谷の概要
小又谷は関西一の悪渓で知られる池郷川の第一支流に当る谷。池郷界隈の名に恥じず廊下の泳ぎ、滝の登攀、大滝の巻き等、アクセントを随所にちりばめた秀渓だと思う。但し源流まで詰めると藪漕ぎや長い林道歩きが待っているので今回は車2台を利用、一台を林道小又線Co700m付近にデポして美味しい部分のみを楽しんだ。
コースタイム
【池郷林道小又橋】 08:40(左岸の巡視道を歩いてから入渓)
【大釜10M滝下】 10:40(10M滝は右手をくの字に登る。)
【15M滝下】 12:20(15M滝付近は凄い廊下、左手から巻く)
【2段40M滝下】 13:45(左手からの大巻きは暑くこの谷の核心部)
【Co660m付近】 14:45(すっかり穏やか、林道が見える枝谷を登る)
【林道小又線駐車地(Co700m付近)】 15:05(車をデポしていれば暑い下山は無し)
ポイント
【★★★☆☆(沢3級)】 ポイントは10M滝と大滝群、10M滝は右手からくの字に登るが思った以上にホールドがあって容易、続く斜瀑も右手を伝うが高度感があるのでスリップに注意。2段30M、15M、2段40Mと続く大滝群は全て右岸巻きとなる。どの滝も取り付きが嫌らしくて後は比較的しっかりした踏み後を伝う(赤テープ有り)。見所は迫力の大滝群と廊下の数々。
下 山
【★☆☆☆☆(下山無し)】 車2台必要だが一台を池郷林道の小又橋、もう一台を林道小又線Co700m付近にデポすれば下山で歩く必要は無し。もしこの区間を歩くとすれば2時間以上は必要だろう。林道小又線は比較的整備された舗装路で林道としては通行し易い。
装 備
一般遡行装備必携、ロープも必携、前半は泳ぎ中心となるので苦手な人はライフやウエットがあると安心する。
お勧め度
★★★★☆
参加人数
3人
所要時間
約6時間半
天候
晴れ
遡行日時
2007/08/17
地形図
池原
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:普通 《ヒル情報》:若干生息 《温泉》:下北山温泉きなりの湯(500円) 《その他》:この界隈、夏期は虻やブトが多く条件によっては蛭よりもやっかい。


【夏の泳ぎ渓、第二弾】 連日の猛暑に溶けそうな盆休み。こんな時は沢で冷却するしか無い!。と言う訳で真夏のウォーターワールド第2弾、チョイスしたのは大峰南部の池郷小又谷、当初は別の谷を思案していたが一泊が必要との情報で小又谷に白羽の矢を立てた。この谷は源流まで詰めると辛い藪漕ぎに林道歩きが待っているらしいがこの酷暑にそんな苦行はやってられない(^^;。そこで思いついたのが林道小又線に車を一台デポ、美味しいところだけ遡行するプランである。

早朝の大阪を発ち池原の運動公園でR畑さんと合流、早速デポを開始する。林道小又線は比較的新しい舗装道で割と走りよい。Co700m付近の広場に一台を駐車して今度は入渓点である池郷林道の小又橋を目指した。

【池郷林道小又橋(8:40)⇒大釜10M滝下(10:40)】 準備を整え遡行開始は8時40分、まずは左岸に付けられた水平道を歩く。足元では落差30Mのアメ止メの滝が涼しげに落ちている。天気は快晴、今日も強烈な夏さで早く流れに見を委ねたい。

10分も進むと道の終りに2基の堰堤、右手に付けられた垂直の梯子を登るが下を見ると結構な高度(^^;。うっかりすると踏み外しそうなので慎重にクリア!。穏やかな河原を少し進むとイキナリの廊下、早速の泳ぎタイムだが今回はR畑さんもライフ装備で万全の体勢だ。


結構高度感ある梯子登り イキナリの泳ぎタイム

泳ぎはお任せのMちゃんを先頭に長い廊下を泳ぎ進む、今日は水も温くて心地よい。2M、3Mと越えて狭い廊下に挟まるCSは首だけ出して隙間を泳ぎ抜ける。その先は3M斜瀑が勢い良く流れ込むが容易なヘツリ、泳ぎの苦手なR畑さんだがヘツリや登攀になると見違える動きになる。


挟まるCS下を泳ぎ抜ける 3M斜瀑はへつりも巻きも可能

特に悪場も無いまま廊下を抜けて前方には2連の堰堤出現、最初のやつは中央の鉄柵を登り次のやつは右手を巻くがちょっと嫌らしい。今日は充分時間があるので休憩もたっぷり取れる。堰堤上の河原でのんびりして次の廊下へと入って行く、ここも泳ぎ中心だが問題は無い。


快適で楽しい遡行が続く 泳ぐも巻くもお好み次第

右岸に10M滝の支谷を見て美しい釜を持つ3M、CS5Mと進む。一旦明るく開けてここでも大休止、適当な釜でMちゃん講師による水泳教室を開催。R畑さん曰く少しコツが判ったらしい(^^;。


吸い込まれそうな碧ノ廊下が続く CS5M滝を越えれば明るいゴーロへ

【大釜10M滝下(10:40)⇒15M滝下(12:20)】 遡行を再開して暫く進むと大釜を持った10M滝、やや斜瀑気味だが優雅で美しい滝だ。ここは滝の右手に活路を求める。一見すると難しそなのでロープを引いてトライ、途中に振られ止めのカムを入れたが『くの字状』に登ると意外にホールドがあって抜けられた。その上は細い廊下が5M斜瀑へと繋いでおり、そのまま右手をヘツルが高度感があるので油断は禁物だろう。そしてこの滝場を境に泳ぎの谷から巻きの谷へと変化する。


大釜を持った10M美瀑は 右手からくの字状に登る

続いて現われる流木の刺さった5M滝は左手を巻く。一旦河原に出て右岸ルンゼ上方にガードレールが望まれる。情報ではこの辺りにショベルカーの残骸が有るとの事だったが今はもう無いようだ。一体何処に行ったのだろうか?。前方はまた両岸迫って7M滝とその奥に2段30M滝を懸ける。左手斜面に取り付けば踏み後と赤テープがあって容易に落ち口に達する事が出来るだろう。

更に進むと両岸圧倒的に高くなって詰まりに15M滝がダイブする。この辺りの景色は凄みを感じるくらい圧巻である。


2段30M滝は左手の踏み後を伝う 15M滝の廊下は凄みを感じる場所

【15M滝下(12:20)⇒2段40M滝下(13:45)】 さて突破だが廊下を少し戻った左手に残置ハーケンが見えたのでここから取り付いた。R畑さんのリードでロープを伸ばすが取り付きが悪い、更につるべでワンピッチ登ってテラス状の踏み後に出る。そこからは廊下を見下ろしながらのトラバースだが高さがあるのでスリップは許されない。滝上で右岸より一本枝谷が入り本谷は大きく曲がって北進、その奥は廊下となって紺碧の釜と瀑音。近寄って右手のテラスに上がれば2段40M滝が目に飛び込んだ。


吸い込まれそうな深淵 圧巻の2段40M滝が登場

【2段40M滝下(13:45)⇒Co660m付近(14:45)⇒林道小又線駐車地(15:05)】 2段40M滝の突破も左手から、ここも取り付きが嫌らしくその後も木の根頼りの急斜面が続く。R畑さんは嫌らしいバンドをへつって下段の落ち口を狙うがその上が抜けれそうにないそうで戻って来た。そこからどんどん押し上げられて暑さにヒーヒー言いながら30分の大巻きでようやく谷に戻ったがかなりヘロヘロ、夏場の巻きは10分くらいまでにして欲しいものである(^^;。

これで核心部は抜けた模様、すっかり穏やかになった流れが続いて潮時を予感させる。後はどこで逃げれば車まで最短かを思案するのみだ。時間も早いので大休止を取りながら地形図と睨めっこ、右岸からの小さい枝谷を2本見送って植林斜面にテープを発見(Co660m付近)、上には林道らしきコンクリート壁が見える。ここに間違い無いとガレた斜面を少し登れば当にぴったり車の横だったv。


滝上はすっかり穏やかとなった 当にぴったり!車の前だった

【碧ノ廊下に酔う小又谷】 今年は酷暑で連日35度を越える日が続いているが今日はデポが完璧に決まって暑い下山は必要無し!。谷も美しき碧ノ廊下で泳ぎを堪能、大滝も素晴らしい迫力だった。綺麗でまとまっていて簡単過ぎず難し過ぎず、小又谷は真夏の日帰り遡行としてはうってつけと言えよう。

今回も私のプランにお付き合いしてくれたR畑さんとMちゃんに感謝しつつ『きなりの湯』でリフレッシュ、更に買出しをして幕営準備完了。明日は日帰りもう一本、池郷川観光にこうご期待!!。



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2007 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME