観光渓?池郷川遡行!!《取水堰堤からコンコン滝まで》

渓谷の名称
池郷川本流
山域(ピーク)
大峰
渓谷の概要
『一に池郷』『二に白川又』『三に前鬼』『四に四ノ川』と呼ばれるように池郷川は大峰東面、否、関西屈指の大渓谷である。釈迦ヶ岳から涅槃岳東面の広い流域面積から流れる圧倒的水量は山腹を深く削り悪絶の廊下が延々と続く。その遡行は困難を極め、泳ぎ、登攀、ルート取り、全ての面で高度な技術が要求される関西最強の谷だろう。今回はその下部廊下と中部廊下の繋ぎに当る取水堰堤からコンコン滝までを遡行した。
コースタイム
【池郷林道駐車地】 08:50(仕事道を降って取水堰堤へ)
【冬小屋谷出合い】 09:15(廊下の中を泳ぎまくるが快適遡行)
【皮張谷出合い】 11:20(この辺り平流、右岸に石垣有り)
【コンコン滝上】 11:55(コンコン滝は素晴らしい景色を見せる)
【池郷林道駐車地】 14:00(吊り橋からモノレール沿いに登って池郷林道へ)
ポイント
【★★★☆☆(沢3級-)】 遡行のネックとなるのは前半のCS2条5M滝の処理と後半に懸かる5M滝、前者は左手の狭い凹角を登るが取り付きに苦労する。後者は左手、壁と樹林帯の際をトラバースするが滑り易いので慎重に!。見所は深淵の廊下とコンコン滝、最後に見上げる石ヤ塔の奇勝も素晴らしい。
下 山
【★☆☆☆☆(林道)】 コンコン滝上に掛かる吊り橋から延びるモノレールの軌道沿いを登る。途中に何度か踏み後が交差するのでそれを伝っても良いがかなり荒れている。林道からは涼しい木陰を歩いて駐車地までは数十分。
装 備
一般遡行装備必携、ロープもあった方が良い。*CS2条5M滝と5M滝の右岸巻きでロープを使用した。他、泳ぐ箇所が多いのでライフやウエットを着ければ安心出来る。
お勧め度
★★★★☆
参加人数
2人
所要時間
約5時間
天候
晴れ
遡行日時
2007/07/18
地形図
池原
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:普通 《ヒル情報》:生息 《温泉》:下北山温泉きなりの湯(500円) 《その他》:この界隈の谷はこの時期、虻やブトが多いように思う。条件にもよるが蛭よりもやっかい。


【真夏の泳ぎ渓第3弾】 真夏のウォーターワールド第3弾、前日の池郷小又谷に続いて今日は池郷本流、先日遡行した池郷下部と中部ゴルジュを繋ぐ取水堰堤からコンコン滝の区間だ。この区間は池郷本流の中でも比較的楽なセクションとして観光気分で遡れるとの事、今日も水泳大会を楽しもう!。

幕営地でゆっくり朝を過ごし8時に移動を開始、池郷林道を進んで全開の遡行終了点から登りでた林道付近(池郷林道、冬小屋谷の対岸辺り)に駐車。今日も快晴で暑くなりそうだ。

【池郷林道駐車地(8:45)⇒冬小屋谷出合い(9:15)】 早速準備を整え谷床まで降りる。谷までは標高差で200mくらいあるが明瞭な道でお気楽な下降。最後に木橋を渡って取水堰堤の側に出た。

取水堰堤の右手ステップを登るとイキナリの瀞、早速の泳ぎが心地よい。左岸から冬小屋谷が斜瀑となって合流し廊下の奥には25M大滝が見える。この谷もなかなか面白いらしくいつかは訪れたい所だ。


取水堰堤は右手ステップを登る イキナリの泳ぎだが気持ちいい〜(^_^)v

【冬小屋谷出合い(9:15)⇒皮張谷出合い(11:20)】 本流遡行はまた堰堤で左手から越える。暫く明るいゴーロがあって前方には巨大なCSが挟まる2条5M滝、あまりに巨大なCSはそこだけ灰色岩で不思議な感じである。しばし驚嘆しながら見回したが、うーん、楽なルートが見つからない(^^;。仕方なく左手凹角に目を向けると白い紐が垂れ下がっている。「ここか!」と近寄ってみるが靴紐のような細さでかなり怪しい感じ、こんなのには頼れないが突破はここしか無さそうだ。

ここは凹角の隙間にプロテクションが取れそうなのでロープを引いて登ったが取り付きが窮屈で渋い、芋虫のようにズリズリ登って後続確保、お気楽観光モードだっただけに少し面を食らってしまったがよく考えればここは池郷、まあこのくらいは当然なのであろう。そして前方には廊下が見えておりいよいよ水泳大会の幕開けである。


CS2条5M滝は左手凹角をズリズリ登る さあ水泳大会の始まり始まり〜

廊下内は底も見えない程の深渕と小滝が続いているが悪い箇所は無い。泳ぐもへつるもお好みでドンドン進んで行ける。今日は時間もたっぷり過ぎるくらいあるので明るい場所に出る度に日向ぼっこをしながらのお気楽遡行。


美しい流れを泳ぎまくる 廊下の抜けに5M滝、左手を巻く

やがて廊下に抜けに5M滝が出現する。ここは左手の岩場と樹林帯の境をトラバースして行くのだが岩は外傾しているし木々は腐り気味で微妙なところ。最後は5m程懸垂下降して谷へ戻った。そこからはすっかり穏やかな渓相、左岸から皮張谷がCS3M滝となって合流してくるが何だか貧相でとても奥深い谷には見えないかも(^^;。

【皮張谷出合い(11:20)⇒コンコン滝上(11:55)】 この辺りから花崗岩の丸石が多くなって明るい、左手に石垣を見て右岸から枝谷が7M滝となって入ると谷は緩やかに曲がって前方にはナメと大岩が見える。その手前にブタが鼻を突き出したような岩があってMちゃんが『猪八戒岩』と命名、中々的を捕らえたネーミングであった。


平凡な流れと左手には石垣 命名、猪八戒岩

ナメは大岩の横で2M斜瀑となりその奥は狭い廊下に神秘的な深淵が続いている。一旦右手のテラスに這い上がるとそこには轟々と落ちる8M滝、これがコンコン滝であろう!?。しかし付近に響く轟音はゴーゴー滝と呼ぶ方が適切である。下の釜を見えれば先の深渕から繋がる地底湖のような釜、暫し唖然としながら見ていたが、そのうちにどうしてもこの釜で泳ぎたくなった(^^;。そこで少し戻って深淵に飛び込む、流れの中を泳いで滝下までくると被った両岸とコンコン滝の瀑流が迫り、まるで洗濯機の中に居るようだ。


神秘的な深淵とコンコン滝 まるで洗濯機の中に居るようだ

コンコン滝の突破は通常廊下の入り口まで戻り左手から容易に巻くそうであるが深淵を泳ぎ戻る時に右岸大岩の下を潜り抜けれそうな気配に気付いた。いざ取り付いてみるとこれが快適で最後はちょっとした緊張感もあって面白い。コンコン滝突破はこのルートがお勧めである。

【コンコン滝上(11:55)⇒池郷林道駐車地(14:00)*1時間の大休止を含む】 コンコン滝を過ぎると頭上には吊り橋、今日の予定はここまでだがまだ時間は早い。今、沢から上がっても暑いだけである。前方を見ればテーブル状の2M滝と頭上には『石ヤ塔』の奇勝、そこでこの素晴らしい景色を見ながらティータイムをする事にした。昼食を食べてお茶を沸かして沢の話に盛り上がる。なんと至福な一時なんでしょう!!。最後にまた水泳大会をして遡行の締めとなった。

下山と言うか林道への登り返しは吊り橋の袂から延びるモノレール軌道を伝う。かなり藪っぽい箇所もあるが忠実に辿って行けば林道のふくらみに飛び出すだろう。また、途中に何度か交差する山道を進んでも結果的には同じ場所に登り着くが伐採や枝打ちが踏み後を隠しており歩き難い箇所もある。後は木陰に中、林道を数十分も歩けば駐車地点へと戻って来れた。


見上げると石ヤ塔が聳える 林道へはモノレール軌道を伝う

【次はいよいよ核心部!?】 今回の池郷は下部ゴルジュと中部ゴルジュを繋ぐ観光渓との事だったが、なかなかどうして!変化に富んで適度に遊べる箇所もあって楽しい遡行となった。少し短いのが珠に傷だが時には超のんびりとお茶タイムしまくりで遡行するのも悪くは無い。さあ次はいよいよ中部ゴルジュに突入か!?。時期的にそろそろ微妙な頃だが何とか今年中に訪れたいものである。

最後は連日の『きなりの湯』で汗を流して帰阪の徒に着いた。今日も一日遊んでくれた自然とMちゃんに感謝。m(__)m



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2007 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME