堂倉谷、沢登りの全てがここに凝縮!!

渓谷の名称
堂倉谷
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
宮川の源流、大杉谷の本谷と目される堂倉谷。日本一降水量の多い大台ケ原の東側斜面を流れるとあって水量多く谷は深く削られて幾つもの滝と釜を連続させる。その美景は日本百名谷に選ばれ、渓谷美の真髄を遺憾なく発揮している。沢登りを志す者にとっては憧れの谷であり是非とも訪れてもらいたい場所である。
コースタイム
一日目
【駐車場】 08:00(快晴の遊歩道歩き)
【日出ヶ岳】 08:30(2時間の下りは膝にこたえる)
【堂倉滝】 10:25(素晴らしいの一言、でも水が多い(^^;)
【アザミ谷出合い】 14:00(激流との戦いで時間を食う)
【堰堤】 15:15(堰堤は左手から巻いて林道へ出る)
【地池谷出合い】 16:00(絶好のテン場)
二日目
【地池谷出合い】 08:00(今日は曇天スタート)
【ミネコシ谷出合い】 08:25(平流が続く)
【二俣(Co1058m)】 08:40(堰堤は左手巻き)
【石楠花谷出合い】 09:30(出合い直前に廊下あるが問題無し)
【二段25M滝下】 10:55(ここからが核心部)
【奥の二俣(Co1480m付近)】 13:20(本流を忠実に詰めてCo1550m付近を西へ取って尾鷲辻へ)
【尾鷲辻】 13:55(遊歩道を巡って駐車場へ)
【駐車場】 14:30(お疲れ様でした)
ポイント
【★★★☆☆(沢3級)】 前半は水流との戦い、後半は連続する滝群をどう裁くかが鍵になる。前半は水量次第の感も強いが徒渉や釜の巻き込みには注意したい。後半は2段25M滝からの連瀑帯が核心部、その25M下段は右手クラックからチムニーを登る、上段は左手ルンゼを途中まで登り外傾スラブを落ち口へ向う。続く溝状の3段15Mは抜け口のワンポイントが悪く注意が必要だ。見所は全部と言っても過言無いが特に『奥七ツ釜』周辺の渓谷美はここでしか見られないものだろう。
下 山
【★★☆☆☆(登山道あり)】 厳密にはアプローチとなるが大台山頂駐車場から日出ヶ岳を経て堂倉滝へと下る。良く整備された登山道だが2時間半はかかるので後の行程も視野に入れてあまり飛ばし過ぎないよう注意したい。
装 備
一般遡行装備必携、ロープも必携、登攀具も持参した方が無難、しっかりしたクラックも多くてカム類が有効。
お勧め度
★★★★★
参加人数
2人
所要時間
一泊二日
天候
快晴・曇り
遡行日時
2007/06/16-17
地形図
大台ヶ原山・大杉渓谷
写真室
無し
遡行図
その他情報
《フリクション情報》:滑り易い 《ヒル情報》:見なかった 《温泉》:中庄温泉(700円) 《その他》:『たこ沖』さん隣りの『もんき』さん開店、店内でもたこ焼きが食べられる。


《一日目》

【念願の堂倉谷へ】 今年は沢泊を何回かやりたいと思ってタイミングと場所を模索していたら堂倉谷が浮上してきた。毎度の事ながら思いが募るといてもたってもいられない。本流筋だけに水量の安定した今が狙い目と企画を立てるが2日前に入梅宣言(^^;、週間予報を見て半ば諦めたが前日になって奇跡的に晴れ予報へと変化した。これも私の行いが良いからだろうv。

今回の面子はMちゃん、それに上手くすれば沢中である方に会えるかも!?との事で久々の沢泊と共に期待が膨らんだ。当日は早朝出発、順調に走って大台ヶ原の駐車場に着いたのは7時半、梅雨とは思えない快晴にウキウキしながら準備を整える。

【駐車場(8:00)⇒日出ヶ岳(8:30)⇒堂倉滝(10:25)】 出発は8時、久々のテン泊装備がキツイ(^^;。日出ヶ岳の山頂に着く頃にはもうバテバテだったが遮る物の無い絶景が一瞬だけでも気分を癒してくれた。

さあ、ここからが最初の核心部、堂倉谷の出合いまで一気に標高差900mを下るのである。幸い急斜面ではないが微妙に歩き難い階段道を一歩一歩進む、堂倉非難小屋で一服して最後の下り、谷が近づくにつれて轟音が響くようになる。そして駐車場から2時間半、膝がガクガクになった頃、遂に堂倉滝が姿を現した。堂倉滝の落差20M、豪快な直瀑が巨大な釜に轟々と落ちている。しかし今日の堂倉滝は水量が多い(^^;、ネットで調べた掲載写真とはまるで別物だ。今の下りで既にヘロヘロなのにこの先大丈夫やろか?と不安がよぎる(因みにタフネスボディを搭載するMちゃんは余裕綽々だった)。


梅雨とは思えぬ日出ヶ岳山頂 迫力の堂倉滝、水が多い・・・(^^;

【堂倉滝(10:25)⇒アザミ谷出合い(14:00)】 暫し休憩して出発、堂倉滝の直登は無理で、つり橋から少し進んで次のつり橋手前から急斜面の階段を上る、鞍部の広場からモノレール沿いに少し進むとルンゼに怪しいFIXロープ、ここが下降点のようだ。FIX頼りに崩れ易い急傾斜を下るがこのFIXは今にも切れそうでもうお役御免が近いかも(^^;。

そして谷床に降り立てば感動の幕開け、谷幅一杯に走るナメと豪快な斜瀑、その上には大迫力の30M滝が落ちて素晴らしいの一言。早速遡行開始するが結構ヌメル上に水流が強く足をすくわれかねないので慎重に歩を進める。


いよいよ感動の堂倉谷遡行が始まる 7M斜瀑の上に30M滝の大迫力

最初のナメを越えて次の7M斜瀑でいきなりの泳ぎ、快晴の陽射しは気持ちいいがやはりまだ水は冷たい、気合注入で釜を泳ぎ右手から登るとそこには30M滝の大釜、巨大な釜に圧倒的な水量が注ぎ込んでいる。そのまま右手のルンゼから巻き上がるがここは明瞭な踏み跡があって容易だった。


7M斜瀑でいきなりの泳ぎ こんな豪快な景色はそう無いだろう

30M滝を越えてもまだまだ水流との戦いが続く、泳ぎを交えながら6M、3Mと越えて行く。左手に支谷を見送ると巨岩が鎮座、左横をを抜ければ、これまた美しい10M斜瀑を懸ける。右手に残置アリとの情報なのでロープを出して右手スラブを登る、外傾していて滑り易い部分もあるが残置ハーケンは良く効いているしカムも使えるので問題は無いだろう、この辺りを『中七ツ釜』と呼ぶらしい。


10M斜瀑も息を呑む美しさ 右手から登るが残置アリで安心

お次は瀑流の2M滝、落差は小さいが流れが急で近づけず右手から巻き上がって懸垂で谷に戻る。5M斜瀑を越えると谷が広がって左岸から支谷、ここがアザミ谷出合いで泊適地となっているが明日の予定も考えてもう少し進む事にした。

【アザミ谷出合い(14:00)⇒堰堤(15:15)⇒地池谷出合い(16:00)】 大岩に懸かる3M滝の右手を越えると前方に奇妙な地形、いよいよ初日のハイライト『奥七ツ釜』の始まりだ。極度に狭まった2M滝を簡単に抜けるとワイドに広がった両岸に写真で良く見る光景、いや今日は水量が多いので写真以上の光景だ。特に真中の釜は深くまん丸にくり抜かれて人工物の様である。

ここでMちゃんは「これやっとかな〜」と釜へダイビング!!。感想を聞くと結構怖かったそうだ(^^;。ここから暫くは絶美のナメ床に大小様々な甌穴が穿たれて、中には巨大なポットホールがそのまま残る。自然の造形にはただただ感動しきりである。抜け口に懸かる15M斜瀑は右手を登れるそうだが渦巻く釜がやっかいで左手の藪に逃げた。


奥七ツ釜は堂倉谷のハイライト 15M斜瀑は左手の藪を巻いた

すっかり穏やかになった渓谷を進むと突然堰堤が出現、時間もタイムリミットに近づいてきたので左手から林道まで登ってそれを伝う。堂倉谷を横切る橋を過ぎた辺りで再び谷に降りて河原を歩くと地池谷出合い、ここを今宵の宿とした。


いきなり堰堤出現、左手から林道へ 今宵のお宿は地池谷出合い

早速テン場の整備を進めるが最初の激下りと重荷で膝がガクガクだ。明日までに回復しればよいが・・・。そうこうしてる間に夕食の準備が整う、あわよくばこの付近である方と出会えるかもと期待していたが初心者連れとの事で、この激流では断念したのかも知れない。尽きぬ話と至福の時間、堂倉の夜は更けていった。

《二日目》

【地池谷出合い(8:00)⇒ミネコシ谷出合い(8:25)⇒二俣(Co1058)(8:40)⇒石楠花谷出合い(9:30)】 起床は6時、朝の一時をのんびり過ごして8時にスタート、今日は昨日と打って変って曇天模様。穏やかな河原をのんびり歩んでミネコシ谷出合い、美しい瀞場を抜けると二基目の堰堤でここも左手を巻く。痛々しい崩壊斜面を見て程なく二俣、地形図1058mの場所だ。左俣へ入っても暫くは凡流が続くが右岸に連瀑の支谷を見れば両岸迫って廊下状となる。しかし中には3M滝が2本懸かるだけで突破に問題は無い。そこを抜けるとすぐに石楠花谷の出合い。ここからが今日の本番、気合を入れるために休息を取った。

【石楠花谷出合い(9:30)⇒二段25M滝下(10:55)】 出合いから谷は広がって右岸に支谷を入れる。この谷は緩い傾斜で堂倉山へと詰めるのでエスケープに利用出来そうだ。左岸からルンゼを入れると急に傾斜が増して7M滝、上部連瀑帯の始まりだ。7M滝はシャワーなら直登可能だが水量が多いので左手を巻く、続く二条二段6M滝を直登して流木に埋まる3M滝をこなすと幅の広い12M滝が滑り落ちる。この滝の突破は右手から、ホールドは豊富にあるが外傾気味だし上部まで満足なプロテクションが取れないので滑落には注意したい。


7M滝から連瀑帯の始まりだ。 12M滝は右手を登るが滑落注意

更に間髪いれず溝状の10M斜瀑、ここも外傾した右手の岩場を斜上すれば前方に険悪そうな懸崖、本谷の核心部、2段25M滝のお出ましだ。

【二段25M滝下(10:55)⇒奥の二俣(Co1480m付近)(13:20)】 突破は右手クラックから、傾斜が強く圧倒されるがホールドは豊富で思ったより楽な登りで中間テラスへ、大岩を回り込んで上段の前に立つが直登は厳しそう。ここは右岸に入るルンゼを途中まで登り外傾した草付き斜面を落ち口へと接近する。


本谷の核心部、2段25M滝 下段は右手を登るがホールド豊富

お次は溝状の3段15M滝、下段は暖傾斜で容易だが上段の抜け口が悪い、最後は靴幅程のバンドをトラバース気味に登るのだがあと一手が届かない、ここは突っ張りからカムにアブミをセットして乗り越えた。技術的にはここが難物となるであろう。


溝状3段15M滝は 抜け口の一手が難物となる

その上は美しい20M斜瀑、左手を登るがここも外傾気味、更に連続する多段滝はシャワーなら登れそうだが濡れを嫌って右手の笹藪に入る。これが嫌らしい泥付きトラバースで最後は懸垂で谷へと戻った。目の前にはまだ斜瀑が連続しているが傾斜は緩く核心は抜けた模様、快適に登って行くと靄がかかって何やら幻想的な雰囲気。やがて奥の二俣と呼ばれる最後の分岐、水量は3:2で左俣を進む。

【奥の二俣(Co1480m付近)(13:20)⇒尾鷲辻(13:55)⇒駐車場(14:30)】 やがて谷の形状が無くなって斜面のあちこちから水が染み出している。ここが堂倉谷最初の一滴と言う訳だ。ここで地形図とにらめっこ、そのまま正木まで登るのは億劫で右岸の平坦尾根に進んで登山道と合流、最短で尾鷲辻へと向った。後は遊歩道のハイキングで駐車場へと戻り着いた。昨日は快晴だったが今日は真っ白け、また違う表情に大台の神秘を見たような気がした。


ここが堂倉最初の一滴 今日は幻想的な大台ケ原

【沢の全てがここに凝縮】 堂倉谷は関西一の名声に違わず素晴らしい渓谷であった。初日の激流と深淵群、奥七ツ釜の神秘的な造形、二日目は息もつかせぬ連瀑と沢登りの魅力が全て詰まっている。是非訪れて頂きたい秀渓であると共にいつまでも残しておきたい場所である。

今回は久々の沢泊とあって結構ヘロヘロになってしまったが色んな軽量化アイデアを試したりして今後の泊り山行にも目処がついた。比較的天候にも恵まれたしこの時期としては会心の遡行だったと思う。

帰りは温泉後に毎度の『たこ沖』さんへ、隣接のお食事処『もんき』さんが開店しており店内でたこ焼きを食べた。二日間楽しく遊んでくれたMちゃんと素晴らしい自然に感謝。m(__)m



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2007 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME