巻いて巻いて古川岩屋谷遡行

渓谷の名称
岩屋谷
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
台高南部、古川流域は急峻で滝を連続させて一気に落ち込む谷が多い、その中でもアケグチ峠付近から西走する岩屋谷は一際荒々しく出合いの不動滝、中流部の銚子滝と幾つもの大滝を懸けて急落している 出合いから見る渓相は険悪そのものでそれゆえに遡行意欲をかき立てる秀渓だ
コースタイム
【不動橋】 07:40(奇妙な地形は一見の価値あり)
【銚子滝下】 08:20(銚子滝は豪快!巻きは左岸斜面から)
【銚子滝上】 09:05(廊下状を見ながらナイフリッジを抜ける)
【40M滝上】 10:20(左岸ルンゼを詰める大高巻きでこの谷の核心部)
【遡行打ち切り点】 11:40(左岸に仕事道が降りて来る)
【不動橋】 13:20(最後は不動滝左岸のルンゼに降りてくる)
ポイント
【★★★(沢3級)】 沢2級の巻き3級と言った感じ、滝が大きいゆえに直登出来ず巻きがポイントとなる、問題となるのは銚子滝70Mと40M滝の巻き、前者は左岸から岩壁基部を回りこんでナイフリッジを抜ける、後者は左岸に入る急峻なルンゼを最上部まで詰める大高巻き、脆い上に急傾斜で谷に戻る際にも植林混じりの斜面を延々と下らされる 何れにしてもルート取りがカギである
下 山
【★★★(仕事道あるが・・・)】 悪場が終わり植林の飯場後を見て暫く進むと左岸に仕事道が降りてくる、この道は不動橋の尾鷲側袂へと下っている 最初は明瞭で快適に歩けるがルンゼを降下する辺りから不明瞭になる、それまでがあまりにも明瞭なため不安になるところだがそのままルンゼを下ると再び明瞭となって導いてくれる
装 備
一般遡行装備必携、ロープも必携、巻き進む場合は登攀具の類は必要としないが何分急峻なので念のため持参した方が安心出来る
水濡れ度
腿辺りまで
フリクション度
普通
参加者
なっちゃん / 亀
所要時間
約6時間
天候
晴れ
遡行日時
2005/07/28
地形図
河合・高代山
写真室
作成中
遡行図
備考・その他
岩屋谷出合いより国道を15分程奥(尾鷲側)へ走ると左岸より滝ヶ谷(地形図ではゴミキ谷と書かれている)と言う谷が入るのだがその入り口付近には「かくれ滝」と呼ばれる100M級の大滝が懸かる、実に素晴らしい滝なので時間に余裕があれば見物するのも一考である


【ちょっと気合入れて平日沢】 なっちゃんから「平日に沢行きませんか〜」とのお誘いにホイホイOKする(^^; 場所は以前から気になっていた台高の古川岩屋谷に決定! 普段水量の少ない谷だが2日前に台風が接近して紀伊半島にはかなりの降雨があり、このタイミングなら快適沢旅が楽しめるのでは?と目論んだ

集合は4時、前日夜にCRUXで遊んだ身に2時半起きは辛い(^^; 今回はなっちゃん号に乗せてもらって岩屋谷の出合いである不動橋には7時20分頃着いた この不動橋から見る岩屋谷は不動滝30Mが直瀑となって湖水に落ち左側にも枝谷が10M斜瀑を懸ける特徴ある光景、そしてその奥に懸崖に守られた銚子滝を懸け険悪さを剥き出しにしている これからこの谷に入るのかと思うと武者震いがする程だ

【不動橋(7:40)⇒銚子滝下(8:20)】 入渓準備をしていると山仕事の方達がやってきて少し話しをする「どこ行くの?」、「この谷に入ります〜」、「よおこんなとこ行くわ、熊も出るし気を付けて行きや」、「熊・・・(^^;」、とこんなやり取りをして出発、入渓は不動橋の左袂(池原側)から踏み後を巡る、小尾根を越えて斜面を下るとると不動滝左側の枝谷に降りる この枝谷は前方に8M滝を分けた後、ぐるっと右に回って岩壁の裏に2段15M滝を懸ける、その右岸を巻き登ると不動滝の落ち口そのもので、つまり不動滝落ち口で右岸に分けた枝谷がぐるっと回ってまた元に戻ると言う不思議な空間を作り出している


不動橋から見る谷は迫力満点 枝谷の2段15Mを登ると不動滝落ち口

不動滝から暫くは穏やかな渓相で岩床が美しいのだがそれを遮るように堰堤が4基連続する、最初の2基は小さく問題無し、3基目は鉄橋がかかり仕事道が横切っている、この3基目と4基目は左岸を巻くが簡単、これを越えると滝が連続して懸かり気合も入ってくるところなのだがまだ朝が早いためか谷は薄暗くイマイチ興が乗り切らない(^^; 前方右岸に枝谷の15M滝を見ると本谷は右に折れて15M滝を懸ける、直登は厳しく左岸を巻き上がる 滝上は廊下で降りられず続く6M、10Mと一緒に巻いてしまうがそのままだとどんどん上に追い上げられて行くので傾斜の弱い部分を見つけて10M滝の上に降り立つ、そして眼前にはいよいよ銚子滝がその雄姿を現す


滝が続くが早朝のためか薄暗い 15M滝は左岸から巻き上がる

【銚子滝下(8:20)⇒銚子滝上(9:05)】 銚子滝は落差70Mを誇る大滝で両岸圧倒的な壁から轟音と共に末広がりに落ちて水煙を上げる、この滝を間近で見るだけでも遡行価値があると言うものだ、なっちゃんは滝の裏側に潜り嬉々としているのだが遠目にみると米粒のようで滝のスケールを一層感じてしまう、暫し水と戯れ攻略方を考える、ガイド本には右岸から巻いて滝身上段をトラバースとあるが今日はかなりの水量なので全身シャワーは必定か!?、ここは最初から左岸を巻きにかかる

左岸壁は大きく見て2段構成であり下段の基部を回り込んで上段とのコルに出る、そこから滝身に向ってトラバースして最後に5M程岩場を登ると滝上だ、だが谷は屈折した細い廊下で詰まりに釜を持った8M滝を懸ける、降りたところでこの滝に詰まるのは目に見えているのでそのまま巻き上がる事にして上段壁のナイフリッジを詰める、この登りはやや高度感ある部分もあり滑落には注意したい、8M滝上には上手い具合にバンドがありやや戻り気味に落ち口にと導いてくれる


銚子滝の雄姿、これを見るだけで価値あり! 巻き途中、ナイフリッジからの景色

【銚子滝上(9:05)⇒40M滝上(10:20)】 谷はまだまだ廊下が続いて小滝と釜を連続させるがここは快適だ、続く5M滝も難なくこなすと谷は大きく開けて40Mの直瀑を懸ける、落差は先の銚子滝に及ばないが両岸ワイドな壁に守られて滝のスケールとしては遜色無い、突破を思案するが直登は絶望的、右岸も高い垂壁で厳しそう、左岸にはルンゼが入りここを登るしか手は無いか?と登り始めるが急傾斜の上に脆く難儀する、右側斜面に逃げたりルンゼに戻ったりしながらどんどん追い上げられて結局ルンゼの最上部でようやく左側斜面に移り渡り植林の斜面を長々と下ってなんとか谷に戻り着く、しかもこの巻きだけで1時間以上要してしまい暑さと難渋さで沢の清涼感はすっかり忘れてしまった(^^;


廊下の5M滝は快適突破! ワイドな40M滝は突破に難儀する

【40M滝上(10:20)⇒遡行打ち切り点(11:40)】 滝上はやや壁が低くなったとは言えまだ悪場の余韻を残していてすぐに10M直瀑を懸ける、明るく釜も綺麗で中々の場所だ 今までの巻きでだいぶとバテていたのでこの滝下で小休止とする


このルンゼ登りが疲れた(^^; 明るく綺麗な10M滝で小休止

10M滝は滝身右側の張り出しを登って行く、一見簡単そうだが上部で傾斜が強くなって意外と怖く後続のなっちゃんが「ロープ〜」と呼ぶので上からほり投げた(^^; 登りに不安ある人がいる場合は最初から確保した方が無難だろう、このまま右岸に枝谷の8M滝を見て5M滝を一緒に巻き上がり谷へと降りた ここから先、まだ5M級の滝が幾つか連続するがもう大丈夫、登ったり泳いだり好きな場所を歩けば良い、最後に5M斜瀑を直登すると今までの険悪さが嘘のように穏やかとなった


5M級の滝が連続するが 登って浸かって楽しい場所だ(^_^)v

小川のような流れを暫く進むと両岸に飯場後と思われる石垣を見る、この頃から両岸植林となって完全な凡流となり後はどこで打ち切るかを判断するだけだ、さらに15分程進み2M滝を見送ると左岸に仕事道と思われる石組みを見つけてここで打ち切りとした

【遡行打ち切り点(11:40)⇒不動橋(13:20)】 さて下山だがこの仕事道は実に明瞭で石組みの護岸や階段までありかなり気合を入れて作った道だと伺える、小さな起伏を繰り返しながらトラバース気味に進み尾根を回り込むところから本格的に下り出す、このまま楽に下山出来るか?とどんどん進んで行くがこの手の道のご多分に漏れずルンゼを下る辺りで不明瞭となる(^^; 今までの道があまりに明瞭なため不安になり暫しうろうろするが結局このルンゼを下るしか手は無いかとつき進む、これが正解でやがてまたしっかりした道となって不動橋の右側(尾鷲側)へと導かれた


2M滝を越えると打ち切り時 最後は不動橋の袂へと導かれた

【春秋にお勧め?岩屋谷】 車に戻った時間がちょうど一番暑い時間だった事もあり二人とも日干し状態で「どっか浸かりたい〜」と不動橋から尾鷲側に15分程走った場所に懸かる「かくれ滝」を見学する かくれ滝は落差100Mを誇る巨瀑で時間に余裕があるなら見ておいて損はない絶景の滝だ ここで靴を洗いがてら身体を冷やして(なっちゃんは釜で泳いだ)ようやくスッキリ! まだ時間も早くのんびり帰阪となった(往復の運転をしてくれたなっちゃんに感謝m(__)m)

古川岩屋谷は大滝の連続と圧倒的な岩壁、そこに深く刻まれた廊下と沢の醍醐味を満喫出来る秀渓だと思うが巻き中心となるために水に接する時間が短いのが惜しい、夏季よりも春や秋の方がお勧めではないだろうか!? 次回は紅葉の季節にでも再訪してみたい。



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2005 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME