向流谷は天駆ける白竜に出会える谷!

渓谷の名称
向流谷
山域(ピーク)
台高
渓谷の概要
台高山脈の北部二階岳より流れて中奥川へと注ぎ込む向流谷は短い谷ながら出合いから廊下と滝が連続しクライマックスは天駆ける白竜に出会う事ができる 二股より上は平凡となるが下流域は息つく暇もなく充実した遡行を約束してくれるだろう
コースタイム
【出合い】 09:30(大きな木組みが目印)
【白傘滝連瀑下】 10:30(出合いより滝が続く)
【白傘滝落ち口】 12:10(脆い斜面の急登あり)
【二股】 12:40(一転して穏やかな渓相)
【地蔵越】 14:10(植林の尾根を登って・・・)
【出合い】 16:00(植林道と林道歩き)
ポイント
【★★(沢2級)】 核心部は白竜こと白傘滝周辺の連瀑帯、前衛の10M滝は左岸を木の根頼りで登るが高度感があり注意したい、白傘滝は左岸の壁沿いにトラバースして壁が切れたところで折り返して滝身に寄る、最後の数メートルは岩登りだが落ち口ピッタリに登り着く、見所は白竜如く白傘滝の絶景
下 山
【★★(登山道あり)】 尾根上の林道を地蔵越へ向い「瀬戸地蔵」の案内板より車道を離れ祠の前を左折、植林内の登山道をどんどん下れば真新しい林道が横切る、後はそれを下って瀬戸集落に降りついた。
装 備
フェルト靴、ハーネス、ヘルメット等の一般遡行装備及びロープ必携、高度感のある高巻きもあるのでレベルによっては充分な確保が望ましい
お勧め度
★★★
参加人数
3人
所要時間
約6時間
天候
快晴
遡行日時
2004/04/25
地形図
大和柏木・大豆生
写真室
作成中
遡行図
その他情報
フリクション情報:やや滑り易い ヒル情報:見なかった 中庄温泉:700円


【噂の白竜に会いたい!】 4月25日本来は前夜発で南紀の滝本本谷に行く予定であったが参加者の都合もあって結局日帰りでの遡行となった。チョイスしたのは台高中奥川流域の向流谷! 実はこの谷以前に白竜の棲む谷との報告を読んだ事があり心に暖めていた谷であった。 今回機会を得て遡行となったが白竜の真相やいかに!

朝6時半に梅田でもりきみさんと合流(いつも賑わう阪急梅田駅の閑散さのビックリ)して7時BAKUさん亭、新しく出来た南阪奈道路を通って9時半の遡行開始となった

【出合い(9:30)⇒白傘滝連瀑下(10:30)】 大きな木組みが目印の向流谷出合い手前林道脇に駐車して準備、BAKUさん車の鍵紛失というハプニングもあったが無事見つかり木組みの下を潜って谷に下りるがこの木組みはかなり朽ちていて今にも崩れそうだ まるで雪渓の下を潜るように静かに素早く通過(^^; 目の前には2条6M滝が落ちるが左を簡単に巻く


大きな木組みが目印だ 谷に下りるとすぐに2条6M滝

6M滝を越えるとすぐに3M斜瀑が2本続くがこれも快適に越えて行く 当初の天気予報では気温が低いとなっていたがそれ程でもなく実に快適だ 更に美しい10Mナメに暫し見惚れながら足を伸ばす。


出合いからの連瀑に心躍る 美しいナメ滝もある

小滝が延々と続いたあとすっきりとした10M直瀑が落ちる 黒くワイドな壁を一条に落ち見事な滝だ これは直登無理で右岸の植林を巻き越えた


小滝を快適に越えて行く すっきり落ちる10Mは右岸巻き

10M滝で出合いからの連瀑は一度終わるが暫くしてまた前方が狭まって黒く光る岩肌に5Mと6M落ちる 特に上段の6Mは見栄えもして美しい 下段は簡単に登って6Mに接近、6Mは左壁をトラバース気味に登るのだが中間の乗り込みが細かく注意が必要だ 後続にはザイルを出してFIXで登ってもらったがもりきみさんもBAKUさんも今年初沢ながら軽やかに突破した


優美な5M、6M滝を見る 頑張るもりきみさん6M滝を登る

ここから谷は傾斜を増し左岸から急峻なルンゼを入れると前方は岩間の連瀑、10M滝、そして木々に囲まれた天空から見事な大滝が降り注ぐ 木々が茂って落ち口は見えないがまるで快晴の空から落ちてくるようだ・・・ いやこれが白竜(白傘滝)の正体ならさながら天空を目指す昇竜と言ったところか(感激)

【白傘滝連瀑下(10:30)⇒白傘滝落ち口(12:10)】 さてこの白傘滝を含めた連瀑帯の突破だが下部の岩間滝群を直登すると垂直の壁に守られた10M滝で行き止まる 進路を左岸のルンゼ方向に求めるがルンゼは上部が壁になっていて突破は厳しい・・・ ここは10M滝とルンゼの間にある凸角を登る事にしたのだが傾斜がきつくレベルによっては確実な確保が必要だ 幸いしっかりした立ち木が生えているのでランニング支点に困らないのが救である。 ロープを引いて10M直上、傾斜が落ちた辺りから左の斜面を下ると白傘滝の直下に立つ事が出来た


前衛連瀑の上に白竜の姿 白傘滝は裏見の滝でもある

直下より仰ぎ見る白竜はまさに壮観、両岸にワイドな壁が広がり下部は洞穴状となって滝身の裏に広い空間を作りその中に主の如く1本の木が緑を茂らせている。流水は落ち口から壁を伝わずダイブして飛散し岩肌に当り虹をかける・・・ 賞賛の言葉が上手く見つからないが滝としては絶品の部類に入るであろう。

一時憂いの時間を過ごしたが次は攻略である。 滝の左岸を壁際沿いに40M程登ると切れ目に浅いルンゼありこれを登る ここも立ち木がありそれを支点に登る切ると上段の壁に詰まるので進路を左へ(この壁は実にすっきりしていてボルトを打てばフリーも楽しめそうだ) だんだんと細くなるバントを伝うと落ち口が見えるがその手前で壁が張り出していて回り込めない 仕方なく傾斜の落ちた岩場を5M登ると落ち口のすぐ上に辿り着いた。 落ち口からは遠く台高の山並みが見渡せこれも逸品!巻きの労を癒すには充分はご褒美であった


落ち口からの景色が労を癒す 白傘滝の上はナメの競演だ

【白傘滝落ち口(12:10)⇒二股(12:40)】 滝上からは渓相が一転して穏やかなナメの競演となる(このナメを越えた辺りで昼食を取った) その先にあるよく磨かれた2段6Mと5M滝を左から越えるが問題無い 植林が流れ際まで降り伐採された枝等で雑然とした感じになると二股(地形図615M)はもう目の前だ

【二股(12:40)⇒地蔵越(14:10)】 さて本流は右股で二階岳のピーク付近に突き上げるが時間も都合もあり今回は地蔵越から延びる尾根に出る事にして左股を進む、暫く進むとまた二股、左に取って歩く、最初谷中を歩くも倒木が多く水も殆ど無くなるので右岸の植林、谷中と歩き易い場所を選んで高度を稼いで行く だんだんと勾配が強まると正面に10M位の壁が出て左から雑然とした15M滝を懸ける 付近は伐採された山肌で味気ない 左から巻き登ると上で小さい二股、一旦左股に入ってから斜面をトラバースして右の枯谷に入るもすぐに谷が終わってしまうので右斜面の登って尾根に逃げ込んだ。 この尾根には踏みあとがあり地蔵越からの尾根まで明瞭に導いてくれるだろう。


この滝を越えると二股も近い 雑然とした15M滝は左から

【地蔵越(14:10)⇒出合い(16:00)】 地蔵越からの尾根には立派な林道(麦谷線)が走っておりこれを西に歩く事15分で地蔵越に到着、「瀬戸地蔵」の案内板より車道を離れ祠の前を左折(標識も無く分岐不明瞭なので注意) 落ち葉と伐採された小枝で不明瞭な場所もあるが植林の中の穏やかな道をどんどん下ると何故か前方に立派な林道が・・・? 地形図やエアリアにも載っていないので最近出来たのであろうか?? 緑の階段を下りて林道にでてしまった


「瀬戸地蔵」ここから登山道へ なぜか立派な林道が見える(^^;

さてどうしたものか・・・ 実は遡行前に調べた情報でこの林道の存在は知っていたのだがここから先が分からない・・・ 情報にあったヘアピンからの下階段を見落として結局この林道を下る羽目に(T_T) 途中瀬戸集落手前でショートカットを試みるも民家の庭先に出てしまった(^^; 諦めて林道を最後まで下る事にするがなんと西隣りの大谷を越して更に尾根も越えて高尾谷付近まで遠回りさせられて1時間以上の林道歩き・・・ 駐車地点に戻るとすぐ側に別の林道分岐があって「あー本当ならここに降りるはずやったのに〜」ボヤキ入り(^^ゞ でもまあ大滝も見れたし足慣らしとしては充分楽しく満足して帰阪の徒についた

【本日も良い沢旅でした】 最後はこの山域ではお決まり?の中庄温泉で汗を流して止め八尾のバーミヤン、梅田には9時の帰阪となりました

天気も良く白竜は噂に違わぬ大滝で満足行く遡行が出来ました(最後の林道を巧くクリア出来てたら言う事なしだったんですが)BAKUさん、もりきみさん、ご一緒ありがとうございました。 そしてまたよろしくお願いします〜。m(__)m

*2006年追記、現在出合いの木組みは撤去されている。



*遡行難度や下山難度のグレード目安、サイトの観覧方法については「初めてお越しの方へ」をご覧下さい。



- Copyright (c) 2000-2006 SawaNavi All rights reserved -
Produce by KAME