[ トップページ > 鈴鹿周辺の谷 ]
鈴鹿周辺の谷

[このカテゴリの中から検索]


2016/11/03 岳でガクガク震えた滝谷遡行。 登録日:2016/11/06(Sun) 20:11 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(1級+)、下山難度:★★☆☆☆(登山道あるが)、お勧め度:★★☆☆☆、出合いの8M滝と中流部の連瀑は一見の価値あり、二次林の美しさも見所の一つ。


2016/10/22 予想とはちょっと違った足谷遡行。 登録日:2016/10/28(Fri) 21:27 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(1級)、下山難度:★★☆☆☆(一部不明瞭)、お勧め度:★★☆☆☆、出合いから続く廊下はなかなか立派、鈴鹿らしい穏やかな渓と山里の風景に癒される。


2015/02/21 冬沢シリーズ第三弾で鈴鹿池ノ谷。 登録日:2015/04/07(Tue) 06:36 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(1級)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道)、お勧め度:★★☆☆☆、谷は簡単で初心者向き、雪も見れたしいつもと違う景色を楽しんだv。


2015/01/25 最速の沢始めは鈴鹿のカクレ谷。 登録日:2015/01/31(Sat) 07:55 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(1級+)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★☆☆☆、地形図的には全く特徴のない谷だけどこの時期ならではで予想以上に楽しめた。


2013/08/04 毎年恒例の赤坂谷からツメカリ谷周遊。 登録日:2013/08/09(Fri) 20:12 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(2級)、下山難度:★☆☆☆☆(終始沢中)、お勧め度:★★★★★、真夏にオススメ!、これぞ最強水遊びワンダーランド。


2010/05/03 久々の沢、小岐須の紺屋谷で沢馴らし。 登録日:2010/05/07(Fri) 17:46 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢1級)、下山難度:★☆☆☆☆(林道)、お勧め度:★★☆☆☆、約8ヶ月ぶりに沢へ行く。まあ簡単足慣らしの谷だけど、中間部の廊下へ突入するならそれなりの気合が必要かも!?。


2009/04/30 今がチャンス!?、カズラ谷遡行。 登録日:2009/05/08(Fri) 06:58 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢2級-)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道)、お勧め度:★★★☆☆、懸案だったヒルもまだみたいで、今がチャンスとばかりにカズラ谷を遡行した。


2009/04/18 日本庭園な元越左俣左谷を遡行!。 登録日:2009/04/27(Mon) 17:32 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢1級)、下山難度:★★☆☆☆(登山道)、お勧め度:★★★☆☆、今年もこの時期はやっぱり鈴鹿、日本庭園のように美しく穏やかなな源流域は必見だろう。


2008/08/17 美味しいとこだけ赤坂谷周遊。 登録日:2008/09/01(Mon) 19:21 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢2級)、下山難度:★★☆☆☆(終始沢中)、お勧め度:★★★★★、赤坂谷からツメカリ谷、そして神崎川本流へと美味しいところだけを目一杯遊ぶ真夏にオススメの周遊コース。


2008/05/17 欲張りの代償、矢原川中俣遡行。 登録日:2008/05/21(Wed) 21:57 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢1級+)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★☆☆☆、簡単でお気楽な沢登り、でも詰めを誤って余計な登りを強いられた(^^;。


2007/09/02 生茶如何?赤坂谷からツメカリ谷周遊。 登録日:2007/09/11(Tue) 21:10 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢2級)、下山難度:★★☆☆☆(終始沢中)、お勧め度:★★★★★、鈴鹿の良さを凝縮した真夏にお勧めの周遊コース。


2007/07/22 矢原川(ヤハラ川)左俣の核心は倒木群? 登録日:2007/07/29(Sun) 19:54 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢2級)、下山難度:★★☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★★☆☆、100M級の大滝と鈴鹿一と称される連瀑帯は必見、直登出来る滝も多く楽しい一日を約束してくれるだろう。ただ源流部の倒木群は・・・。


2007/07/16 信号トリオ、白滝谷(シラタキ谷)へ行く! 登録日:2007/07/23(Mon) 22:22 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢1級)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★★☆☆、台風による増水で赤坂谷を断念、スカイラインも通行止めで巡り巡って白滝谷を遡行した。


2007/05/27 乾きの牢獄、エチガ谷遡行。 登録日:2007/05/29(Tue) 06:41 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢1級)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★☆☆☆☆、気になっていた鈴鹿のエチガ谷、石灰岩の作り出す奇妙な造形は面白いがやっぱり沢は水がなくっちゃなぁ(^^;。


2007/05/03 今年も鈴鹿詣で、流れ谷(ナガレ谷)遡行! 登録日:2007/05/06(Sun) 10:47 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢1級+)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★☆☆☆、鈴鹿独特の明るい渓相は良いがガレと崩壊が酷く長居は無用!?。


2006/09/30 面白渓の真骨頂!、ホタガ谷遡行 登録日:2007/02/14(Wed) 16:45 [修正・削除]

お勧め度:★★★★☆(沢3級) 日本百名谷で名を馳せた鈴鹿のホタガ谷へ、廊下の完全突破成功で内容的にも大満足!


2006/09/03 鈴鹿お勧め周遊コース、ツメカリ谷遡行 登録日:2007/02/14(Wed) 16:43 [修正・削除]

お勧め度:★★★★★(沢2級) リハビリ沢で臨んだツメカリ谷、今回で2度目の周遊コースだったがやはり鈴鹿の谷は素晴らしい!!


2006/07/09 囲炉裏初心者沢教室は渋川(シブ川)遡行 登録日:2007/02/14(Wed) 16:32 [修正・削除]

お勧め度:★★★★☆(沢3級) 2006年の囲炉裏第1回初心者沢教室開催、水量多くて手強い滝もあったが水と戯れる楽しい一日を満喫(^_^)v


2006/05/28 久々の激流渓、小岐須(オギス)渓谷本流遡行 登録日:2007/02/14(Wed) 16:26 [修正・削除]

お勧め度:★★★☆☆(沢2級) 悪天予報から一転して晴天の小岐須渓谷へ! 久々の激流徒渉渓で大満足!!


2006/04/22 2006年の沢初めは焼木谷(ヤケギ谷) 登録日:2007/02/14(Wed) 16:21 [修正・削除]

お勧め度:★★☆☆☆(沢1級) 例年より一月遅くなった2006年の沢初めはシーズントップの定番となりつつある小岐須の焼木谷から!