[ トップページ > 大峰周辺の谷 > 北部 ]
大峰周辺の谷

[このカテゴリの中から検索]


2013/08/25 Y氏復帰遡行で下多古本谷へ。 登録日:2013/09/06(Fri) 07:24 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(1級)、下山難度:★☆☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★★☆☆、下多古本谷は簡単綺麗で大滝の見所もあり、大峰入門にオススメですね。


2013/07/27-28 古の名渓、ノウナシ谷で久々の沢泊り。 登録日:2013/08/03(Sat) 15:37 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(2級)、下山難度:★★☆☆☆(行程長い)、お勧め度:★★★★☆、熊野川の源流最奥部にあたるノウナシ谷、下流は美しく穏やかな流れだが中流は一転して大滝の饗宴となる。関西の沢屋なら一度は行っておきたい名渓です。


2010/08/31 神童子谷は癒し渓の王道。 登録日:2010/09/04(Sat) 19:21 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(1級+)、下山難度:★★☆☆☆(登山道あり)、お勧め度:★★★☆☆、歩く距離は少し長いけど簡単だし渓相も美しい。日帰りで本流遡行気分を味わえる秀渓だろう。


2007/09/22-23 滝上の別天地、上多古川(コウタコ川)本谷遡行。 登録日:2007/09/29(Sat) 08:36 [修正・削除]

遡行難度:★★★☆☆(沢3級)、下山難度:★★☆☆☆(登山道あるが)、お勧め度:★★★★☆、数々の名瀑と深い廊下、山々の雰囲気も素晴らしい、日帰りも可能であるがゆったりと自然を満喫する沢泊がお勧めの一本だろう。


2007/09/17 伊坪谷(イツボ谷)沢の記憶は何処へやら(^^;。 登録日:2007/09/24(Mon) 08:14 [修正・削除]

遡行難度:★★☆☆☆(沢2級)、下山難度:★★★☆☆(激下り)、お勧め度:★★★☆☆、とにかく下山の激下りがハードだった。谷は中流部の連瀑帯が美しいけど石垣や道形も多く人臭い印象が残る。


2006/07/30 囲炉裏第2回沢教室、下多古川(シモタコ川)下部 登録日:2007/02/14(Wed) 16:38 [修正・削除]

お勧め度:★★★☆☆(沢2級) 7月1週に続いての第2回沢教室に一応サポート役で同行させてもらう、終始笑顔の絶えないワイワイ遡行に満足(^_^)v


2005/06/05 上谷(コウ谷)遡行は初心者向き?(^^; 登録日:2007/02/14(Wed) 14:57 [修正・削除]

お勧め度:★★☆☆☆(沢3級) 大峰入門と聞いてやってきたが意外と悪い滝が多く最後の牛呼滝でそれはクライマックスを迎える。


2004/07/04 矢納谷(ヤノウ谷)風の如く駆け抜ける! 登録日:2007/02/14(Wed) 14:05 [修正・削除]

お勧め度:★★★★☆(沢2級) 前週の敗退をリベンジするべくまた矢納谷へ赴く、高速ペースで風のようにに駆け抜けた


2004/07/02 下多古川(シモタコ川)遡行、平日に美女二人と(^_^) 登録日:2007/02/14(Wed) 14:04 [修正・削除]

お勧め度:★★★☆☆(沢2級) 平日に会社ブッチで沢遊び、なんて贅沢な遡行なんだろう!


2004/06/27 天気に惑わされた矢納谷(ヤノウ谷)遡行 登録日:2007/02/14(Wed) 14:03 [修正・削除]

お勧め度:★★★☆☆(沢2級) 初心者を連れてのワイワイ遡行予定だったが天候の急変に泣かされて・・・